日本初の垂直落下アトラクション「タワーハッカー」営業終了

2011/10/12 06:24

タワーハッカー東京ドームは2011年10月11日、東京ドームシティ アトラクションズのタワーランド内アトラクションの一つ「タワーハッカー」について、営業を終了すると発表した。発表時点においてすでに運転休止中だったが、一部報道によれば老朽化が認められたため、営業を終了するとのこと。東京ドーム側では代替アトラクションとして2012年春頃に、新しいアトラクションをオープンする予定(【発表リリース】)。


↑ 稼働中の「タワーハッカー」のようすを撮影したもの。
↑ 稼働中の「タワーハッカー」のようすを撮影したもの。【直接リンクはこちら】

『タワーハッカー』は1968年に導入した展望アトラクション『後楽園タワー』の塔体部分を流用して1996年4月26日に営業を開始した、垂直落下型のアトラクション。地上から80メートルの高さにまで上がってから、時速98キロの速さで落下する。

元々機械の老朽化で運行を取りやめていたこともあったが、今年に入ってからは別施設の事故・工事に伴い一時的な運休をしていた。ところが今回リリースにあるように、運転を再開することなく営業を終了する事になった。『タワーハッカー』の代わりとなるアトラクションについては、オープン予定が2012年春頃とあるだけで、内容は一切明らかにされていない。

日本初の垂直落下型アトラクションとして名を知られ、上昇時における周囲の眺めは「利用した人のみが体感できる絶景」でもあった。営業終了の報に触れ、搭乗経験を思い起こす人も少なくあるまい。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー