手作りの「お菓子の家」を自らで・「ミルクチョコレートの家」明治製菓から今年も登場

2011/10/19 06:27

ミルクチョコレートの家明治製菓は2011年10月18日、同社の定番商品の一つ「明治ミルクチョコレート」を使い、簡単に組み立てられるチョコキット「ミルクチョコレートの家」を同年11月1日から発売すると発表した。価格1050円(税込)。いわゆるお菓子の家キットで、別売りの「デコアソート」などを使うことにより、まるで携帯電話にデコレーションをするかのような感覚で、多種多様な飾り付けをすることができる(【発表リリース】)。

↑ ミルクチョコレートの家
↑ ミルクチョコレートの家

「ミルクチョコレートの家」はその名前やパッケージ写真から見れば分かるように、「明治ミルクチョコレート」を用いて小さな家を創り上げる、飾り付けのベースとなる部分。具体的な梱包内容としては、

壁、えんとつのチョコレート 228g
明治ミルクチョコレート 116g(58g×2枚)
スイートペンチョコ 15g(1本)

が収められている。これを元にまずはシンプルな基礎部分の家を作り上げ(128×160×123ミリほど)、今件「お菓子の家」用に最適な道具として提供される「デコアソート」や「スイートペン チョコレート」「同ホワイトクリーム」などを使い、あるいは「アポロ」「たけのこの里」「プッカ」など同社のチョコレート系商品などを用いて、オリジナリティあふれる「お菓子の家」を創造していくことになる。

↑ 創作事例
↑ 創作事例

飾り付けるアイテムは既存のお菓子作り用の素材でも良いのだが、今回この「ミルクチョコレートの家」用に各種「デコアソート」が展開されることになる。具体的には7種の形(ハート、星、リボンなど)を模った「プチいちごトッピング/プチホワイトトッピング」、5色の小さな粒でデコレーションに使いやすい「カラフルミンツ」、3色の四角い形が特長の「カラフルソフトキャンデー」、カラフルで楽しい「カラフルチョコ」の5種類セット。

サンプルの写真を見ると「童話の中のお菓子の家みたい」「店頭販売されている、飾りが一杯のケーキみたいだな」という感想を想い浮かべる、素晴らしい出来栄えのものばかり。それらと比較してなかなかうまくできない人は【公式ページ】を参照に修行を積んだり腕を磨きあげても良いだろう。クリスマス、そして来年のバレンタインデーに向けて、お菓子の家で修業を積むのもありかもしれない。

なお昨年も同名の商品が発売されている。内容物を比較すると価格は同じで、「スイートペンチョコが計3本だったのが1本に」「家本体の壁を構成するウェハースがチョコレートに」のように、パーツのシンプル化が成されている。純粋なチョコ好きには嬉しい構成変更かもしれない。


■関連記事:
【無印良品でも「お菓子の家」が発売中】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー