東海道・山陽新幹線から「300系」車両、2012年春に引退

2011/10/21 06:21

300系JR東海とJR西日本は2011年10月20日、新幹線車両として活用してきた300系車両について、2012年春をもって東海道・山陽新幹線から引退すると発表した。今回の300系引退と連動する形で、2007年度から2011年度にかけて進められてきたN700系の集中投入で、東海道・山陽新幹線の16両編成車両が700系・N700系に統一されることにより、省エネ化やダイヤ設定の柔軟性の向上・列車遅延時の回復力向上につながると説明している(【発表リリース】)。


↑ 300系車両の雄姿。
↑ 300系車両の雄姿。【直接リンクはこちら】

300系車両はJR発足後初めてデビューした新幹線車両で、東海道新幹線の従来の最高速度(0系・100系)の時速220キロから時速270キロへ大幅に速度向上し、東京-新大阪間で2時間30分の運転を実現(従来の最速到達時分の「ひかり」から19分短縮)した車両。先頭形状は空気抵抗の低減に効果的な形状で、かつデザイン的にも斬新なものを開発。日本の高速鉄道では初めて交流誘導電動機(VVVF方式)と軽量ボルスタレス台車を採用し、100系と同等の定員数を確保しつつ、約25%の軽量化(1両あたり約60トン→約45トン)を実現。電力回生ブレーキを採用することで大幅な省エネルギー化をも果たしている。

その後500系を経て直系の後継機となる700系・N700系が随時東海道・山陽新幹線内で広く使われるようになり、今回発表されたように来年春には引退することになる。

↑ 東海道・山陽新幹線の車両数の推移
↑ 東海道・山陽新幹線の車両数の推移

JR東海・西日本の説明によれば、最終走行に合わせた引退イベントなどの実施については、現在検討中とのこと。新しい動きがあれば、改めてお伝えすることにしよう。また、東海道・山陽新幹線を利用してきた人にとっては、多分になじみ深い車両に違いなく、その引退には寂しさを覚える人も少なくあるまい。引退までにはあと半年ほどの時間もあるので、機会があれば別れを惜しみつつ搭乗するのも良いだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー