「ハハのキモチ」ブランドサイト登場

2011/10/29 19:30

「ハハのキモチ」ユニー、サークルKサンクス、ファミリーマート、伊藤忠商事の4社が共同して企画開発・推進している「からだスマイルプロジェクト」の「ハハのキモチ」企画チームは2011年10月27日までに、同シリーズのブランドサイトを独自ドメインで立ち上げた。以前から例えば『サークルKサンクス内の特設ページ』のように共同各社のサイト内での特設ページは用意されていたものの、同ブランドの独自サイト設立はこれが初めてになる。サイトURLはブランド名通り【http://hahano-kimochi.jp/】となっている。

↑ ハハのキモチ ブランドサイト
↑ ハハのキモチ ブランドサイト

「からだスマイルプロジェクト」とは【対メタボ共同戦線・5社が共同開発した低カロリーパンをコンビニやスーパーで発売】でも紹介しているように、複数企業に渡って健康に資する商品を共同開発して提供するもの。そして同プロジェクトによって開発が進められている「ハハのキモチ」ブランドでの商品群のコンセプトは「できるだけ、からだにいいものを」「なるべくなら、からだがよろこぶものを」。「栄養バランスやカロリーを気にかけ、野菜不足も美味しく補ってほしい、といった家庭での食生活にいつも気を遣うお母さんの気持ち(キモチ)から発想した新しい商品シリーズ。

具体的な開発方針としては、「低カロリー・豊富な食物繊維に加え、美味しさへのこだわりを追求」「商品パッケージは、遠く離れたお母さんが家族を思ってしたためた手紙を基調としており、商品を手にとって頂いた方に美味しさと健康とともに、心温まる気持ちをアピール」などとなっている。パッケージだけでなく商品名もその多くに、例えば「緑黄色野菜も、食べなきゃダメでしょ。かぼちゃとレーズンの蒸しケーキよ 母より」のように、まるで手紙本文のような名前がつけられている。

今回オープンしたブランドサイトでは、トップページに独特のブランドロゴと共に「母からのメッセージ」に代えたブランドコンセプトが語られている。そして主要メニューとして「パン(商品紹介。カロリーオフのパン、野菜のパン」「ヨーグルト(商品紹介。現時点では単品)」「ハハのキモチとは?(ブランドコンセプトと歴史)」「どこで買えるか」が用意されている。前者2メニューでは各商品をクリックすると、栄養成分をはじめとした詳細が表示される。なお商品一覧に企業店舗ロゴが配されていることからも分かるように、商品の一部は特定企業のみでの販売で、購入時には注意する必要がある。

↑ 「一日に必要な量の1/2もとれるのよ。食物繊維たっぷりヨーグルト 母より」詳細
↑ 「一日に必要な量の1/2もとれるのよ。食物繊維たっぷりヨーグルト 母より」詳細

↑ パンのラインアップから。左の「こんなに大きいのに、カロリーは少なめらしいわよ。うずまきデニッシュ  母より」は三社すべてで買えるが、「クロワッサンカロリーLIGHT2個入」はユニーのみでの販売。
↑ パンのラインアップから。左の「こんなに大きいのに、カロリーは少なめらしいわよ。うずまきデニッシュ 母より」は三社すべてで買えるが、「クロワッサンカロリーLIGHT2個入」はユニーのみでの販売。

今ブランド商品はシンプルな外観の商品と(多くは)透明で中身が見える袋、そしてその中身全体にかぶさるかのような「ハハからのメッセージ」を兼ねた商品名で、通常の惣菜・菓子パンとは少々趣の異なる雰囲気をかもしている。そしてブランドロゴがシンプルながらも非常に印象深く、その上商品全体のコンセプトを明快に表している点で注目に値する。このメッセージ性のある商品名とロゴに「想い」を受け取った人も少なくあるまい。

「ハハのキモチ」シリーズは一ブランドでしかないこともあり、企業単位での新商品リリースが出されることは滅多にない。気が付くと新作がラインアップに並んでいることが多い。同ブランドのファンは今後、このブランドサイトも巡回リストに入れておくことをお勧めしたい。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー