特盛130円引き…吉野家が特盛20周年で期間限定の値引き実施

2011/11/10 06:23

特盛20周年[吉野家ホールディングス(9861)]は2011年11月9日、同社の子会社である牛丼チェーン店吉野家において、「特盛20周年謝恩祭!」を実施すると発表した。期間中牛丼・牛皿の「特盛」を130円引きで提供する。また、牛丼や牛皿などの「並盛」「大盛」なども110円引きとなる。同年11月16日午前10時から11月24日午後3時まで。一部店舗は今キャンペーンの対象外(【発表リリース】)。

↑ 「特盛20周年謝恩祭!」キャンペーンイメージ
↑ 「特盛20周年謝恩祭!」キャンペーンイメージ

吉野家では牛丼・牛皿の「特盛」を1991年10月から販売している。今回は発売開始から20周年となり、販売数も約3億食を記録したことから、これまでの感謝の意を込めて、値引きを行うもの。

具体的な値引き額は次の通り。特盛の値引き(130円引き)がメインだが、他に一部メニューも合わせて値引きが行われる(いずれも期間限定)。

●牛丼(弁当)
・並盛……380円→270円
・大盛……480円→370円
・特盛……630円→500円
●牛皿
・並盛……280円→170円
・大盛……380円→270円
・特盛……530円→400円
●牛鮭定食……490円→380円
●牛鮭サラダ定食……570円→460円

【すき家となか卯がまた期間限定で値下げだヨ】でも触れているが、いわゆる「牛丼御三家」では先に「すき家」で11月11日から24日までの間、牛丼の値下げが行われる。これで松屋も値下げを実施すれば「牛丼晩秋の陣」とでも呼べるような状況になるのだが、今のところその動きは無い。

本日別記事で展開中の記事を読み説く限り、10月分業績は三社とも決して良いものとはいえない。今回の値引きキャンペーンがどのような影響を及ぼすことになるのか。気になるところではある。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー