「牛丼晩秋の陣」開始・松屋も牛丼期間限定値下げへ

2011/11/11 06:29

松屋も牛丼期間限定値下げ[松屋フーズ(9887)]が運営する牛飯・カレー・定食店「松屋」は2011年11月10日、同年11月17日午前10時から11月24日午後3時までの間、牛めし(並)を通常価格の320円から80円割引し、240円(税込、以下同)で販売すると発表した。各サイズの盛りも80円ずつ値引きされる。他に「旨辛ネギたま牛めし」「ラー油・カクテキキムチ牛めし」の値引きも行われる。これによって先に【特盛130円引き…吉野家が特盛20周年で期間限定の値引き実施】でも指摘したように、吉野家・松屋・すき家のいわゆる「牛丼御三家」すべてで11月に牛丼・牛めしの値下げが行われ、「牛丼晩秋の陣」がスタートしたことになる(【発表リリース】)。

↑ 松屋牛めし並盛240円
↑ 松屋牛めし並盛240円

今回松屋から発表された値引きは、小盛・並盛・大盛・特盛のすべての盛りで、通常価格から80円値引きされるもの。例えば牛めし特盛は520円から440円、ラー油・カクテキキムチ牛めしの小盛は350円から270円になる。お持ち帰りは可能だが、みそ汁はつかない。また、カレギュウ、牛皿は値引き対象外となる。

冒頭でも記したが、すでに吉野家とすき家も2011年11月中の牛丼の値引きを発表している。これで三社すべてで値引きが実施されることになる。

●吉野家
・11月16日午前10時-11月24日午後3時まで
・牛丼(並)…380円→270円 など

●松屋
・11月17日午前10時-11月24日午後3時
・牛めし(並)…320円→240円 など

●すき家
・11月11日午前9時-11月23日(24日午前8時)まで
・牛丼(並)…280円→250円 など

割引期間としてはすき家が一番早く、本日開始となる。また、「牛丼(めし)」の並盛における割引額は吉野家の110円引きが一番大きいが、値引き後の金額では松屋の240円が最安値になる。

先日【牛丼御三家の2011年10月分営業成績をグラフ化してみる】でも記したが、牛丼御三家(だけでなく肉系外食産業は全般的)は営業成績があまり良いとはいえない状況にある。この「牛丼晩秋の陣」をきっかけに、少しでも業界全体が活気づくことを期待したい。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー