マクド「ツナマフィン」レギュラー化決定

2011/11/12 19:30

ツナマフィン[マクドナルド(2702)]は2011年11月11日、同社が同年10月に期間限定商品として発売した新商品「ツナマフィン」について、朝マック(朝の時間帯限定のメニュー)のレギュラーメニューに追加し、当初予定されていた販売期間の終了後も、引き続き販売すると発表した。価格は単品で220円-240円、「ハッシュポテト」と”「プレミアムローストコーヒー(S)」もしくは「ドリンク(S)」”のセット価格が440円(いずれも税込)(【発表リリース】)。

↑ ツナマフィン
↑ ツナマフィン

「ツナマフィン」は、日本人になじみの深い食材「ツナ」を、ポテトやオニオン(玉ねぎ)、赤パプリカとあえたサラダにし、新鮮味のあるレタスやチーズと一緒に、焼き上がったばかりの香ばしいマフィンでサンドした商品。ツナサラダは、ツナとポテトの食感が楽しめ、みじん切りのオニオンがアクセントになっている。

「ツナ」を豊富に使用した今商品「ツナマフィン」は、多忙な朝はもちろんのこと、のんびりと朝食を楽しみたい休日の朝にも合う、創りたての美味しさを味わうことができる。当初「ツナマフィン」は2011年11月上旬までの販売を予定していたが、利用客からの反応が極めて良く、今回レギュラーメニュー化が決定したとのこと。

現在の朝マックメニューは【こちらのページにある通り】。「ツナマフィン」のレギュラー化で、「フィレオフィッシュ」と共に少数派の「非肉系がメインのメニュー」として際立つ存在となる。多くの人には単純に選択の幅が広がるだけでなく、「少しボリューム感の軽めな一品が欲しい」との願いがかなう選択肢となるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー