実物大ガンダム立像、再びお台場へ

2011/11/25 06:58

実物大ガンダム立像【バンダイナムコHD(7832)】、バンダイ、サンライズ、【創通(3711)】は2011年11月24日、2012年春に臨海副都心エリアに開業予定の複合施設「ダイバーシティ東京」のフェスティバル広場に、18メートルにも達する実物大ガンダム立像の設置を決定したと発表した。お台場での「実物大ガンダム”立像”」の設置は、2009年夏に展開された「GREEN TOKYOガンダムプロジェクト」以来のこととなる(発表リリース)。

↑ 「ダイバーシティ東京」での実物大ガンダム立像イメージ
↑ 「ダイバーシティ東京」での実物大ガンダム立像イメージ

↑ 「ダイバーシティ東京」の位置
↑ 「ダイバーシティ東京」の位置

「ダイバーシティ東京」は【発表リリース】にもある通り、三井不動産とフジテレビジョンが開発を進めている、東京臨海副都心地区の複合施設。多様性を意味する「ダイバーシティー(Diversity)」と街を意味する「シティー(City)」を組み合わせた造語から成っている。約3万3000平方メートルの敷地に約170店舗から成る商業施設やオフィスビルを建設し、「劇場型都市空間」をコンセプトとして、フジテレビ本社ビルや周辺地域を取り込んだ総合的地域活性化を目指す。

実物大ガンダムが設置されるのは、「ダイバーシティ東京」のフェスティバル広場。東京都の緑の施策の推進、さらには第29回全国都市緑化フェアTOKYO(2012年9月29日-10月28日予定)のPRにも協力していく。

公開時期なども含め、プロジェクトの詳細は決定次第発表されるとのこと。今後の発表が楽しみだ。


■関連記事:
【お台場のガンダムを思う存分堪能できるオフィシャルツアー、日本旅行が発売】(2009年6月)


(C)創通・サンライズ

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー