セブン&アイ各店舗で無料ワイヤレス通信サービス「セブンスポット」12月1日からスタート、まずは東京23区内店舗から

2011/11/30 06:27

セブンスポット【セブン&アイホールディングス(3382)】は2011年11月29日、無料ワイヤレス通信サービス「セブンスポット」を、東京23区内のセブン-イレブン、イトーヨーカドー、そごう・西武、セブン&アイ・フードシステムズの各店(「セブンスポット」ロゴマークがある店舗)で、同年12月1日から展開すると発表した。Wi-Fi環境でのインターネット通信を無料で利用できる他、壁紙やクーポンなどのオリジナルコンテンツの提供を行う。2013年2月末までに全国1万4000店舗への展開を予定している(【発表リリース】【セブンスポット公式ページ】
)。

↑ セブンスポット メニュー画面
↑ セブンスポット メニュー画面

「セブンスポット」サービスでは、Wi-Fi環境での高速インターネット接続を無料で提供する。利用可能端末はWi-Fiに対応した機種で、スマートフォンやタブレット端末、ノートパソコン。全キャリアの端末で利用可能。ただし利用には「セブンスポット」会員登録(無料)が必要となる(セブン&アイのネット通販サービス「セブンネットショッピング」会員IDでも利用可)。

1回につき最大60分間アクセスが可能で、1日につき3回までアクセスできる。また、「セブンスポット」の接続環境でのみダウンロードできるオリジナルコンテンツを提供していく。12月1日のオープン時には記念としてAKB48クリスマス壁紙(ダウンロードできるメンバーは期間中毎日変わる)を提供。今後はクーポンの配信なども予定している。

また「セブンスポット」の展開開始に合わせ、「7SPOTでDS」もスタートする。これはニンテンドーDSシリーズのワイヤレス通信機能を利用したサービス「ニンテンドーゾーン」を、「セブンスポット」のサービス提供エリアで利用できるようになるというもの。「ニンテンドーゾーン」で提供している通常サービスの他に、「7SPOTでDS」限定のオリジナルコンテンツも配信していく。

↑ 7SPOTでDS
↑ 7SPOTでDS

「7STPOTでDS」の展開開始キャンペーン第一弾として、コナミの『NEW ラブプラス』の特別コンテンツ配信などが行われる。

スタンプコレクション
「7SPOTでDS」サービス提供中の東京23区内のセブン-イレブンで「NEW ラブプラス スタンプコレクション」を実施。期間中にDSを使って「7SPOTでDS」にアクセスし、同一店舗でスタンプを5つ集めると「セブンスポット特製ステッカー」をプレゼントする(12月21日まで)。

↑ 『NEW ラブプラス』セブンスポット特製ステッカー
↑ 『NEW ラブプラス』セブンスポット特製ステッカー

体験版配信
2012年2月14日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『NEW ラブプラス』の体験版を、東京23区内の「7SPOTでDS」サービス提供中のセブン-イレブンで先行配信する(2011年12月8日-12月21日まで)。

オリジナルニンテンドープリペイドカード販売
東京23区内のセブン-イレブン限定で『NEW ラブプラス』オリジナルニンテンドープリペイドカード(3種類)を2011年12月8日から数量限定で販売する(無くなり次第販売終了)。

「セブンスポット」「7SPOTでDS」双方とも、単純にネット環境・サービスの提供という顧客サービス拡大の一環と共に、特別なコンテンツの提供による来店動機の積上げ(来客数増加期待)、滞在時間の増加(客の回転率が下がる可能性はあるが、「ついで買い」による客単価上昇が期待できる)、さらには「セブンスポット」利用時に必要な会員登録では「顧客データの掌握」などが期待できる。ただしコンビニでは基本的に「立ち客」「商品を探す・選ぶために店内を巡回」するお客を想定しており、店内での(ファストフードのように店内席などを設けた上での)長時間滞在は前提としていない。

このあたりの折り合いをどのような工夫でクリアしていくのか。「セブンスポット」や「7SPOTでDS」の今後の展開が気になるところだ。

(C)Konami Digital Entertainment

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー