バーガーキングでポテトおかわり自由キャンペーン、12月28日から実施

2011/12/18 05:49

フレンチフライバーガーキング・ジャパンは2011年12月14日、おかわり自由の「”B”iking(バイキング)」第3弾として、「フレンチフライ」の「”B”iking」キャンペーンを同年12月28日から2012年1月9日までの期間限定(時間は14時-23時)で、バーガーキング各店にて実施すると発表した。「WHOPPERR」系のハンバーガーLセット以上を購入した場合に限り、バーガー類と「フレンチフライL」を全部食べた後、量に満足しなかった場合は、「フレンチフライL」を(諸制限はあるが)満足できるまで提供を受けられる(【発表リリース】)。

↑ フレンチフライL
↑ フレンチフライL

“とてつもなくでかい”を意味する「WHOPPERR(ワッパーR)」は、「Flame-Grilled(直火焼き)」と「HAVE IT YOUR WAYR(全てあなたのお好み通りに。)」を詰め込んだバーガーキングを象徴するハンバーガーであり、同社の自信作でもある。同社ではバーガーキングならではの“大きい”幸せを多くのお客に心ゆくまで実感してほしいと考え、「もし満腹にならなければ、満足してもらうまでいくつでも「WHOPPERR」を無料で提供する」という、おかわり自由の「“B”iking」キャンペーンを昨秋に実施したところ、大きな評判となり、今秋も第2弾の「“B”iking」キャンペーンを実施した。

そして今回「“B”iking」キャンペーンの第3弾として、「WHOPPERR」だけでなく、人気の定番サイドメニュー「フレンチフライ」でもおかわり自由の満腹感を楽しんでほしいとの思いから、「フレンチフライ」の「“B”iking」キャンペーンを期間限定で実施することとなった。

このキャンペーンでは、「WHOPPERR」系Lセット以上を購入した客に限り、店内で「フレンチフライL」をすべて食べきった際に、量に満足できなかった場合には、「フレンチフライL」を満足できるまで提供を受けられることになる。

注意事項としては「店内で食べる場合に限る」「カウンターまでフレンチフライの空容器とレシートを持参しなければならない」「おかわりの受付はレシート打刻時間から30分以内」「不正行為(食べ残し、持ち帰り、グループでの権利譲渡など、店舗で不正と判断した場合)はおかわり相当分の料金を支払う」などがある。

フレンチフライが大好物な人には、またとないチャンス。心行くまで、といっても30分以内だが、ポテトの味わいを楽しもう。


■関連記事:
【二大ファストフード「ピザ」「ハンバーガー」の夢の共演再び・「ピザ サイズバーガー」今年は2種類が登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー