70年代を再現…「雪印コーヒー復刻版」登場

2011/12/27 19:30

雪印コーヒー復刻版雪印メグミルクは2011年12月22日、発売50周年記念として「雪印コーヒー復刻版」(500ミリリットル)を2012年1月10日から発売すると発表した。全国販売・期間限定。価格は110円。賞味期限は15日間・要冷蔵かつ未開封。1970年当時のデザインと風味の基調を再現している(【発表リリース】)。

↑ 雪印コーヒー復刻版
↑ 雪印コーヒー復刻版

今回発売される「雪印コーヒー復刻版」は、1970年当時に発売した500ミリリットル紙パックタイプの風味を再現した乳飲料。長年にわたり発売されている「雪印コーヒー」の特徴であるすっきりとしたコクのある「甘さ」を作りだす原材料に「砂糖」を使用することで、発売当時のしっかりとした甘さの懐かしい風味を楽しむことができる。パッケージには、1970年当時のデザイン基調を再現した、レトロ感のあるデザインを採用した。

「雪印コーヒー」の歴史は、1963年の三角テトラパックの形態で「雪印コーヒー牛乳」として発売したところから始まる。1970年には500ミリリットル紙パックタイプの「雪印ラクトコーヒー500ミリリットル」を関西で発売し、翌年以後、発売エリアを東海、関東と広め、1974年には、全国にエリアを拡大していった経歴を持つ。「雪印コーヒー」はロングセラー商品として展開中で、2012年に発売50年目を迎えることになる。今回の復刻版は、これを記念してのもの。

味わい、パッケージ共に当時のものを再現した「雪印コーヒー復刻版」。コンビニやスーパーなどで並ぶその姿を見るにつけ、なつかしみを覚える人も少なくあるまい。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー