吉野家の「焼味豚丼 十勝仕立て」 、販売累計数300万食突破

2011/12/27 06:30

焼味豚丼 十勝仕立て[吉野家ホールディングス(9861)]は2011年12月26日、同社の子会社である牛丼チェーン店吉野家において、先に【吉野家、「焼味豚丼 十勝仕立て」を本日から発売】でもお伝えした、同社が12月8日から全国発売を開始した新商品「焼味豚丼 十勝仕立て」の販売累計食数が300万食を突破したと発表した(【発表リリース】)。


↑ 焼味豚丼 十勝仕立て。
↑ 焼味豚丼 十勝仕立て。直接リンクは【こちら】

「焼味豚丼 十勝仕立て」は、北海道の郷土料理の一つ「豚丼」をモチーフにしたもの。北海道の道東・十勝地方では、古くから豚肉を甘辛いタレで”焼き上げた”豚丼が郷土料理として親しまれている。今商品「焼味豚丼 十勝仕立て」では、コクのある本醸造の北海道しょうゆと、すっきりした江戸前しょうゆをベースにし、甘味と辛味のバランスのとれたタレを使って焼き上げ、香ばしさとうまさが特徴の「十勝風」な豚丼として仕上げられている。

今回累計300万食の突破が伝えられたが、これは1日あたり約17万食の販売となる。2010年秋に発売した、吉野家創業111周年記念の新商品「牛鍋丼」におけるセールス、27日間で1000万食(1日約37万食)にははるかに及ばないものの、十分以上の健闘結果といえる。今後当サイトで定期的にお伝えしている「牛丼御三家」の営業成績において、吉野家の値をどこまで底上げできるのか、気になるところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー