モスバーガー、1月13日から「ソフトバンクWi-Fiスポット」を全国店舗に導入

2012/01/13 07:00

ソフトバンクWi-Fiスポットが使える店舗に貼られるステッカーハンバーガーショップ・モスバーガーを展開している【モスフードサービス(8153)】は2012年1月12日、同年1月13日までに全国の同社店舗(一部除く)へソフトバンクモバイルの公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」を導入すると発表した。iPhoneやiPadなどでWi-Fiを利用した通信可能なサービス。2011年11月末時点で店舗や交通機関など全国14万か所に設置されている(【発表リリース】)。

↑ ソフトバンクWi-Fiスポットが使える店舗に貼られるステッカー
↑ ソフトバンクWi-Fiスポットが使える店舗に貼られるステッカー

モスフードでは急速に増加しているスマートフォン市場に対応するため、2010年9月にiPhone向け公式アプリを初めて公開、以後Android向けのアプリ公開など機能を拡大し、店舗検索やメニュー検索などのコンテンツにより、利用客の利便性を高め、コミュニケーションツールや販売促進ツールとしての活用を積極的に展開している。

同社では今回「ソフトバンクWi-Fiスポット」を導入することで、利用客の利便性をさらに高め、iPhoneやiPadユーザーなど新規顧客層の取り込みや、食事利用以外の時間帯強化など来店客数の増加を図ると言及している。

なお利用料金についてだが、【ソフトバンクWi-Fiスポットの解説ページ】によると、「パケットし放題フラット」「パケットし放題フラット for スマートフォン」「データ定額プラン(iPad専用)」などを契約している利用者は、料金不要で利用できる。その他の場合は「ケータイWi-Fi」などへの申込・加入が必要だが、「ケータイWi-Fi」の月額料は加入から2年間は無料とのこと。

iPadやiPhone利用者でモスバーガー愛好者には朗報となるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー