サークルKサンクス、移動販売車「WAKU WAKU号」の稼働を9日から宮城県で開始

2012/02/07 05:40

WAKU WAKU 号【サークルKサンクス(3337)】は2012年2月1日、5度(調理パン、デザートなど)と18度(お弁当、おにぎりなど)の2つの温度帯を管理できる移動販売車「WAKU WAKU号」の営業を、同年2月9日から宮城県石巻市内で開始すると発表した。東日本大地震・震災の被害を受けた宮城県における、買い物の不便地域を中心に巡回する。サークルKサンクスとして移動販売車を導入するのは、今件が初めてとなる(【発表リリース】)。


↑ WAKU WAKU 号
↑ WAKU WAKU 号外見と内装解説

今回導入される移動販売車は、軽自動車をベースにした車両。2つの温度帯(5度と18度)を管理できるように改造されている。移動販売車では、当初、弁当・おにぎり・調理パン・デザートなどから、日用品に至るまで買い物の不便地域で必要とされるものを中心とした商品を搭載。今後利用者側の要望に即し、品揃えを変更していく。

設備は手洗い場(従業員用だがお客も利用可能)、スピーカー(到着を知らせる)。決済方法はハンディタイプのレジスターを使用し、現金のみの支払いとなる。なお販売商品価格は、すべて店舗販売価格と同じ。

訪問時間は巡回先で順次設定するが、直近の予定としては2月9日から毎週木曜日午前11:30-午後1:00まで「にっこりサンパーク」、2月10日からは毎週金曜日午前11:30-午後1:00まで「せんだんの杜ものう」が決定している。そのほかにも高齢者介護施設などへの訪問を予定。

被災地へのサポート、さらには「買い物弱者」対策としての、トラックなどを改良した・独自車両を新設しての移動販売車両の展開としては、いわゆる「コンビニ四天王」のうちセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートが実施している。今回サークルKサンクスが導入したことで、主要4コンビニすべてが配することとなった。

移動販売車両による物品の販売とサービスの提供、その他各種運用は、未知の部分が大きい。各社とも試行錯誤を繰り返しながら、少しずつ独自のスタイルを構築しつつ、展開を進めているように見える。今回紹介したサークルKサンクスの事例も含め、コンビニ各社の対策に注目していきたいところだ。


■関連記事:
【セブンイレブン、震災で休業中の店舗駐車場へ移動販売車展開】
【ローソン、移動販売車で岩手県へ・移動販売開始】
【ファミリーマートで移動販売車両「ファミマ号」導入、被災地で営業開始】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー