昨月の定価引き下げからさらに・松屋が期間限定で牛めしを240円に値下げ

2012/02/08 06:20

牛めし240円[松屋フーズ(9887)]が運営する牛飯・カレー・定食店「松屋」は2012年2月6日、同年2月9日10時から2月16日15時にかけての期間限定で、同店で発売する「牛めし(並)」を通常価格の280円から240円に値下げすると発表した。大盛りなど他の盛りも合わせて値下げする(【発表リリース】)。

↑ キャンペーンポスター
↑ キャンペーンポスター

今回期間限定で行われる値下げでは、牛めしの並盛が280円から240円、小盛りが230円から200円、大盛りが380円から340円などに値下げされる。その他概要は次の通り。

●牛めし
(小盛)230円→200円  (並) 280円→240円
(大盛)380円→340円  (特盛)480円→440円

●牛めし野菜セット
(並)420円→380円  (大盛)520円→480円

●牛めし豚汁セット
(並)500円→460円  (大盛)600円→560円

●牛めしお新香セット
(並)400円→360円  (大盛)500円→460円

●牛めしチゲセット
(並)640円→600円  (大盛)740円→700円

●旨辛ネギたま牛めし
(小盛)330円→300円  (並) 380円→340円
(大盛)480円→440円  (特盛)580円→540円

●おろしポン酢牛めし
(小盛)330円→300円  (並) 380円→340円
(大盛)480円→440円  (特盛)580円→540円

松屋では先日【松屋の牛めし、定価を320円から280円に値下げ・豚めしは販売終了へ】にもある通り、メインメニューの牛めしの「定価」を320円から280円に値下げしたばかり。さらに今回の値下げにより、この2か月間で「定価」「期間限定」と2ステップで値下げが敢行されたことになる。また現時点ではいわゆる「牛丼御三家」のうち吉野家、すき家に新たな値下げの動きは無い。

半ば定例行事と化した牛丼店の値下げだが、月次営業成績を見る限り確実に成果は出ているものの、その効力が薄らいでいる感は否めない。ただし一部店舗ではこの値下げ分を、他の高価格メニューや付け合わせ品の販売促進・相乗効果で補っているものもある。買い手からすれば値下げは素直に有りがたい一方、メインメニューの牛めし・牛丼「以外」のメニュー動向にも留意を払い、お店側の思惑を探ってみるのも面白いかもしれない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー