水と電子レンジでミニサイズのそっくりハンバーガーが・「ハッピーキッチン ハンバーガー」登場

2012/02/10 06:30

ハッピーキッチン ハンバーガークラシエフーズは2012年2月9日、本格的な手作りでミニタイプのお菓子が作れる「ハッピーキッチン」シリーズから、新メニューとして「ハンバーガー」を同年3月12日に発売すると発表した。価格262円(税込)。容量22グラム。各種材料以外にミニサイズのトレー、スプーン、ナイフ、コップがついてくる(【発表リリース】)。

↑ 「ハッピーキッチン ハンバーガー」パッケージ缶
↑ 「ハッピーキッチン ハンバーガー」パッケージ

↑ 完成予定写真
↑ 完成予定写真

「ハッピーキッチン」シリーズは、電子レンジを使って子供でも簡単に本格的なお菓子が作れる商品。すでに「ソフトクッキー」「カップケーキ」「ドーナツ」が発売中で、いずれもミニタイプのスイーツを作ることができる(【公式ページ】)。

今回発売される「ハッピーキッチン ハンバーガー」は、スイーツでは無いもののコンセプトは他の「ハッピーキッチン」シリーズと同じ。同梱されているパンのもと、ハンバーグのもと、ポテトのもと(すべて粉末)を水で溶いて、電子レンジでチン(加熱)すれば、味も形も本物そっくりのミニサイズなハンバーガーが作れる。

材料として用意するのは水だけ、器材としては電子レンジ。それら以外の調理用の材料や器具の準備は不要。火や包丁などを使わないので、子供だけでも手軽に作れる。出来上がったパンにケチャップを塗り、内袋でポテトケースなどを作り、コーラを添えれば、気分は“ハンバーガー屋さん”。

紙粘土などを練ってミニサイズの料理を作るおもちゃはあるが、今件「ハッピーキッチン」シリーズのように、実際に食せる料理を創れるのは嬉しいポイント。子供にとってはよりリアルなおままごとが楽しめるし、大人でも十分「料理」を堪能できるだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー