うす焼きから飛び出すじゃこ…亀田製菓から「ちりめん咲々さくさく」発売

2012/02/14 06:40

ちりめん咲々さくさく亀田製菓は2012年2月13日、うす焼きに「じゃこ」が入っている『17枚ちりめん咲々』を同年3月5日から発売すると発表した。また昨年3月に発売された、うす焼きにえびが入っている『17枚えび咲々』をリニューアルし、同時に発売する。価格はノンプリントプライス(企業側から販売参考価格が提示され、それを参考に販売店が決める方法。完全に販売店が決めるオープン価格とは異なる)(実勢価格は200円前後・税込)(【発表リリース】)。

↑ 『17枚ちりめん咲々』と『17枚えび咲々』
↑ 『17枚ちりめん咲々』と『17枚えび咲々』

『ちりめん咲々』は、極うす生地の間に、「ちりめんじゃこ」をまるごと包んで焼き上げる「つつみ焼製法」を採用。ちりめんじゃこの風味と“パリパリ”“サクサク”の心地よい食感が味わえる。味付けは、あっさり塩味に隠し味としてゆず皮を使用し、ちりめんじゃこ本来の旨みをさらに引き出している。

これに合わせる形で、2011年3月に発売の『えび咲々』を同時にリニューアル発売を行う。『えび咲々』は、生地に練り込む海老(えび)の量を増量し、生地の間に包んだ海老と合わせ、2つの海老の味わいで、香ばしさをアップさせている。

うす焼きせんべいはちまたにあふれている。中にじゃこや海老などのトッピングが折り込まれている意外性は、食する時の食感に楽しみを付加させるのはもちろん、他の類似商品の中から際立たせる意外性をもたらすに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー