牛丼並盛は270円に…吉野家が「春の牛丼祭」開催、1週間期間限定で主力商品110円引き

2012/03/30 07:05

春の牛丼祭[吉野家ホールディングス(9861)]は2012年3月28日、同社の子会社である牛丼チェーン店吉野家において、春恒例のキャンペーン「吉野家 春の牛丼祭」を実施すると発表した。同年4月4日午前10時から4月10日午後3時までの日程で、牛丼の並盛を通常価格の380円から270円で販売する。その他一部商品が110円引き(一部セット商品は別)される(【発表リリース】)。

↑ キャンペーン告知ポスター
↑ キャンペーン告知ポスター

今回のキャンペーンは2012年4月4日午前10時から同年4月10日午後3時までの一週間限定(一部店舗ではキャンペーン対象外、また定食などの一部メニュー販売が休止される。ただしそば処吉野家店舗では休止メニュー無し)。牛丼・牛皿・牛丼弁当・牛鮭定食の並盛・大盛・特盛がそれぞれ110円引きとなる。例えば牛丼並盛は380円が270円、特盛は630円のところが520円に。

●吉野家
・牛丼 並盛 380円→270円
(牛丼弁当)大盛 480円→370円
 特盛 630円→520円
・牛皿 並盛 280円→170円
 大盛 380円→270円
 特盛 530円→420円
・牛鮭定食 490円→380円
・牛鮭サラダ定食 570円→460円

●そば処吉野家
・牛丼 並盛 380円→270円
(牛丼弁当)大盛 480円→370円
 特盛 630円→520円
・牛皿 並盛 280円→170円
・ミニ牛丼とそばセット 630円→570円
・牛丼(並盛)とそばセット 680円→630円
・牛丼(大盛)とそばセット 780円→730円
・牛丼(特盛)とそばセット 930円→830円

今回のキャンペーンでは商品の「持ち帰り」を目立つ形で表記し、選択肢の一つとして推奨している。「中食」という食スタイルが一般的なものとなる昨今、改めて記述することで、購入層にその選択肢を気付かせる狙いがあるのかもしれない。

なお現時点で牛丼御三家の他社二社のうち、松屋では値下げ周りの動きは無い。またすき家では以前【すき家新戦略・毎月お値打ち商品展開の「得すき」サービス開始】で伝えた「毎月お値打ち」の第二弾を展開中で、別途値引きを行う気配は見られない。4月の各社の営業成績がどのような変化を見せるのか、気になるところだ。


■関連記事:
【牛丼御三家の2012年2月分営業成績をグラフ化してみる】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー