【更新】マクドナルド、新聞週間に朝刊を無料配布「朝マック with ニュースペーパー」実施

2012/03/31 06:35

マクドナルド[マクドナルド(2702)]は2012年3月30日、日本新聞協会と共同で、新聞無料提供キャンペーンを「春の新聞週間」に該当する同年4月6日から4月12日までの間、47都道府県のマクドナルド各1店舗・計47店舗で実施すると発表した。4月9日は休刊日の新聞が多いため実施しない。各店舗毎日先着100名(予定)。朝食時間帯(午前7時-10時)に実施する。株主優待券や無料招待券での商品調達者は対象外(【発表リリース】)。

日本新聞協会では毎年4月6日から12日の一週間を「春の新聞週間」とし、特に初日の4月6日を「新聞をヨム日」に設定、無購読者に新聞の購読を呼びかける活動を集中的に展開している。今回のキャンペーンはマクドナルド・日本新聞協会共同で実施するもので、該当店舗で該当日時にマクドナルドの商品を購入した人先着100名に、当日の朝刊を1部無料で提供する。

今回提供される新聞は店舗所在地で発行されている種類で、新聞の種類は店舗によって異なる。また、配布時に種類を選ぶことはできない。

[日本新聞協会側のリリース]によると、今キャンペーンは「朝マック with ニュースペーパー」と命名されており、協会側は「朝刊と親和性の高い朝食時間帯で新聞との接触を増やす」「企画を通して広く世の中に話題を喚起し、若年層の無購読者対策へつなげ、新聞全体への注目を高めていくことを目的」などと言及している。

主に若年層に親睦度が高いファストフードで、新聞と触れる機会が多い朝食時間帯に新聞を配ることで、興味関心を持ってもらうという試みは注目に値する。店内で食したり、あるいは職場に持ち込んで就業時間前に朝食として食べる際、手持無沙汰となりがちな状況では新聞はうってつけのメディアといえる。いっそのことこれを機会に、マクドナルドなどのファストフード店に、新聞の販売スタンドを設けるのも一つの手かもしれない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー