すき家で「春の牛丼祭」開催・期間限定で牛丼並盛30円引きの250円に

2012/04/04 06:40

すき家牛丼[ゼンショー(7550)]は2012年4月2日、同社が展開する郊外型ファミリー牛丼店「すき家」において、同年4月6日午前9時から4月15日(4月16日午前8時)までの期間限定で、同店舗の主力メニュー「牛丼」を値引き販売する「春の牛丼祭」を行うと発表した。牛丼並盛が通常280円から値引き価格250円で販売する。その他牛丼類も同様の値下げを実施する(【発表リリース】)。

↑ すき家の牛丼
↑ すき家の牛丼

今回展開されるキャンペーン「春の牛丼祭」では、牛丼並盛が通常280円から250円へ30円値引きされるのをはじめ、牛丼類が軒並み30円引きとなる。

ミニ 230 円 → 200 円
並盛 280 円 → 250 円
中盛 380 円 → 350 円
大盛 380 円 → 350 円
特盛 480 円 → 450 円
メガ 610 円 → 580 円

なお牛丼キング、牛皿、牛皿定食は「牛丼類」ではあるが、今回の値引きの対象外となる。またキャンペーン中、一部店舗で提供しているカツカレーの販売は休止される。

先日【牛丼並盛は270円に…吉野家が「春の牛丼祭」開催、1週間期間限定で主力商品110円引き】でお伝えしたように、競合企業の吉野家は2012年4月4日午前10時から同年4月10日午後3時までの一週間限定で、牛丼などの値下げ(並盛が380円から270円など)を行うため、一部値下げ期間が被ることになる。一方松屋では牛丼の値下げは行わないものの、本日別途お伝えしているように「牛カルビ丼」の展開を始める。

すき家では現在、【すき家新戦略・毎月お値打ち商品展開の「得すき」サービス開始】で伝えているように、毎月対象となる商品の種類を変えてお値打ち価格で提供するサービス「得すき」の第二弾として「おろしポン酢牛丼」「炭火やきとり丼」「ハンバーグカレー」の50円引きを実施している。今回の牛丼値引きは、この「得すき」第二弾終了直後(「得すき」第二弾終了は4月6日午前8時、今回の牛丼値下げは4月6日午前9時からなので、厳密には1時間の空きがある)のキャンペーンとなる。

いわゆる「牛丼御三家」それぞれ切り口を変えた、集客キャンペーンを実施することとなった2012年4月。営業成績がどのような動きを見せるのか。各社の月次報告に注目したいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー