スタバ、上野恩賜公園内に国内3店目の公園内店舗開店

2012/04/05 06:30

スターバックス コーヒー 上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)店スターバックス コーヒー ジャパンは2012年4月3日、同年4月18日に東京・上野恩賜公園内に「スターバックス コーヒー 上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)店」を開店すると発表した。店舗面積211.41平方メートル、店内71席・テラス69席。年中無休、営業時間は午前8時から午後9時まで。同社では東京都内初(国内店舗では3店舗目)の公園内店舗となる(【発表リリース】)。

↑ スターバックス コーヒー 上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)店イメージ図
↑ スターバックス コーヒー 上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)店イメージ図

『スターバックス コーヒー 上野恩賜公園店』は、上野恩賜公園内の文化・芸術の中心地である“竹の台広場”に位置する都内初の公園内店舗(住所は東京都台東区上野公園8-22)。上野恩賜公園の緑溢れる自然を満喫できるように、69席もあるテラス席を含め開放感のある空間を演出している。

店内には、公園を訪れた方のさまざまなニーズに応えられるよう、使いやすい席の配置の「気軽に立ち寄れる開放的な空間」、噴水や外を眺めながら、ソファーでくつろげる「緑と光に溢れたリラックスできる空間」、一人でも落ち着いたひとときを過ごせる「静かに景色を鑑賞できる空間」の、3つの客席空間を配置している。

店舗は、幅広い年齢層のお客に親しまれるよう、また上野恩賜公園内にある日本有数の文化施設とも調和するように落ち着きのあるデザインで構成されている。また、お客と接するビバレッジの受け渡しカウンターは、上野恩賜公園にちなんだ無垢(むく)のサクラ材を使用。レジ下のキャビネットの表面には、台東区の職人が仕上げた皮を採用するなど、利用客がよりスターバックス エクスペリエンスを楽しめるような工夫を凝らしている。

このような公園内店舗は、富山環水公園店(富山県)、福岡大濠公園店(福岡県)に次いで3店目。スターバックス コーヒー ジャパン側では「地域や来園者に愛され、上野恩賜公園内の新たな憩いの場となることを目指します」と言及しており、レジャースポットとしての利用も期待している。実際、既存の公園内店舗では、その環境を活用したさまざまな楽しみ方が行われている。


↑ 公園内店舗の一つ、富山環水公園店で花見を楽しむ人達のようすを描いた投稿映像。
↑ 公園内店舗の一つ、富山環水公園店で花見を楽しむ人達のようすを描いた投稿映像。【直接リンクはこちら】

上野恩賜公園店もまた、公園内の情景に溶け込み、新たな人々の和みの場として受け入れられるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー