ローソンのからあげクン最新作は「博多明太マヨネーズ味」

2012/04/10 06:30

からあげクン博多明太マヨネーズ味[ローソン(2651)]は2012年4月9日、同社から発売されているフライヤー調理タイプの唐揚げファストフード「からあげクン」の新フレーバー(味付け)として、同年4月10日から「博多明太マヨネーズ味」を同社店舗(ローソンストア100、ナチュラルローソン除く)で発売すると発表した。価格210円(税込)。マヨネーズのまろやかさと博多明太のぴり辛さの組合せが特徴(【発表リリース】)。

↑ からあげクン博多明太マヨネーズ味本体(左)とイメージ図(右)
↑ からあげクン博多明太マヨネーズ味本体(左)とイメージ図(右)

マヨネーズ味は「からあげクン」のフレーバーの中で人気が高く、これまで発売したメニュー全91品のうち15品に使われている。今回はこのマヨネーズフレーバーに相性の良い「明太」を組み合わた商品。ピリッと辛い博多明太と、濃厚なマヨソースが口中で広がり、あとを引く味わいに仕上がっている。同社では「行楽で外出が増えるこの時期に、手軽なおかずや、おつまみとして食べやすく大人から子供までお楽しみいただけます」とし、食卓でのおかずの一品としてだけでなく、旅行に出かけた際の食事のアクセントのある添え物としてもお勧めしている。

「からあげクン」のとり肉内部に具材を入れ込んだタイプのものとしては、【ローソン「からあげクン」最新版は九州産柚子こしょうを使った「柚子こしょうマヨネーズ味」】などすでにいくつかの商品で実績を積んでいる。マヨネーズをダイス状にすることで、比較的均等に本体内部に味わいを散りばめる工夫は、実際に口にすることでその成果を確認し堪能できる。

博多明太独特の辛味と、マヨネーズのまろやかでおおらかな甘さがどのような味わいを見出し、「からあげクン」を昇華させていくのか。マヨネーズ好き、博多明太好き双方が気になるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー