裏地にステテコを付けたスラックス「インナードライパンツ」、コナカから登場

2012/04/24 06:30

インナードライパンツ【コナカ(7494)】は2012年4月23日、「クールビズ」をサポートするため、夏の暑い最中に働く人達のさまざまな状況に合った服飾品を提案していく中で、ビジネスシーンで着用するスラックスの新商品として、猛暑対策・節電対策としても注目を集めている「ステテコ」をスラックスに装着した「ステテコ付きスラックス『インナードライパンツ(INNER DRY PANTS)』」を発売すると発表した。価格9900円(税込)。色柄はミニ千鳥柄チャコールグレーとミニ千鳥柄ライトグレー。素材はウール・ポリエステル各50%(【発表リリース】)。

↑ インナードライパンツ(INNER DRY PANTS)
↑ インナードライパンツ(INNER DRY PANTS)

「インナードライパンツ」は日本古来の伝統的な肌着「ステテコ」を膝裏として取り付けたスラックス。ステテコ自身は元々パンツの外、ズボンの内側に履くもので、汗の吸着やすべりをよくしたり、ズボンを傷めにくくする効果もある。今件「インナードライパンツ」は前後総裏仕様で表生地を傷めにくいため、高温多湿の日本に最適であるとコナカ側では説明している。

装着するステテコの素材は古くから「縮み」の生産地として有名な滋賀県近江にて生産。清涼感、吸湿性、伸縮性に優れた生地は肌触りが大変良いものに仕上がっている。また家庭洗濯も出来る仕様。

名前からはやや古くさいイメージがあるステテコだが、機能的には大変優れた実力を有している。湿度・温度共に高い夏の最中に、どこまでステテコパワーが有益に働くのか、少々気になるところではある。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー