東北地方初のマクドナルド新世代デザイン店舗「仙台沖野店」、4月27日オープン

2012/04/26 06:40

マクドナルド新世代デザイン店舗[マクドナルド(2702)]は2012年4月25日、同年4月27日午前8時に東北地方では初の「新世代デザイン店舗」となるマクドナルド「仙台沖野店」をオープンすると発表した。24時間営業店舗で客席数は169席。駐車台数40台。新デザインの店舗構成、新型ドライブスルー、大型プレイランドの併設が特徴(【発表リリース】)。

↑ 店舗のイメージ図
↑ 店舗のイメージ図

↑ 店内イメージ(左上)、ドライブスルーイメージ(右上)、プレイランドイメージ(下)
↑ 店内イメージ(左上)、ドライブスルーイメージ(右上)、プレイランドイメージ(下)

「仙台沖野店」は、マクドナルドが2009年より都心部を中心に展開している店舗デザイン「新世代デザイン店舗」。関東地域や大阪府で展開されている。コンセプトは次の5つ。

・クオリテ
柔らかい素材感の風合いを生かした落ち着いた店内は、マクドナルドで使用するさまざまな食品の品質を象徴的なデザインや陳列物とし、お客様の目を楽しませる。

・エッジ
シャープなビジネス街に暖かさと落ち着きを提供するデザイン。

・フード
鮮やかで茶目っ気の効いた壁面のグラフィックは、食事をする楽しさをお客様と分かち合おうとするマクドナルドの姿勢の体現化。

・フレッシュ
瑞々しい野菜や新鮮な食材のオマージュとも思えるベジタブルカラーで彩らている。

・エクストリーム
グラフィティに彩られたアンティークレンガ調の壁面は利用客のレストラン体験をより一層刺激する。

今回展開される「仙台沖野店」も基本は同じ。店内は鮮やかで茶目っ気の効いた壁面のグラフィックをはじめ、机、椅子に至るすべての装飾材や家具が鮮やかな色彩でコーディネートされ、店内に一歩足を踏み入れた瞬間からワクワク感をおぼえることができる。

最新のドライブスルーシステム「サイドバイサイド」も採用。ドライブスルー並列タイプは、ご注文口を並列に2か所設け、2台同時に注文を受けられるようになっているため混雑が緩和され、商品をより早く提供できる。さらに子供向けの無料遊戯施設「プレイランド」は大型化されており、海外では導入されているものの、日本で屋外設置としては今回が初導入となる。

「仙台沖野店」そのものは昨年の東日本大震災によって被災し、その被害もあり閉店状態にあった。そして震災後に営業再開する”最後の店舗”として、装いも新たに今回リニューアルオープンする運びとなった次第。

マクドナルド側では「当店の再開を心待ちにしていただいていたお客様をはじめ、市民の方々や、仙台エリアを訪れる方々にご満足いただけるような店舗運営に努めてまいりますので、リニューアルした”仙台沖野店”に是非一度お立ち寄りください」とコメントしている。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー