糖類半分・レモンの香りを追加…「ペプシ ブラック」登場

2012/04/28 06:50

ペプシ ブラックサントリー食品インターナショナルは2012年4月24日、同社が展開している炭酸飲料PEPSI(ペプシ)の新しいラインアップとして、大人のための甘くないコーラ「ペプシ ブラック」を同年6月19日から発売すると発表した。490ミリリットルペットボトル入り。価格は140円(税別)(【発表リリース】)。

↑ ペプシ ブラック
↑ ペプシ ブラック

同社では以前【甘くないペプシ「ペプシドライ」登場】で紹介したように「ペプシ ドライ」を市場展開、コーラ飲料市場で「“甘くない”コーラ」という新ジャンルを創造したと自負している。今回はその「甘くない」という価値に加え、「飲用時の満足感」を強化、大人のためのコーラとして仕上げ「ペプシ ブラック」の名で発売することになった。

「ペプシ ブラック」の中身は通常の「ペプシコーラ」に比べて糖類を50%オフにすることで甘さを抑えると共に、新たにレモンの香りを加えることで飲用時の満足感、そしてすっきりとした後口を強化している。パッケージにはモノクロのPEPSIロゴマークを初めて採用、黒色を基調に高級感のあるデザインに仕上げたのこと。

「PEPSI」のロゴさえ無ければむしろブラックコーヒーすらイメージさせるパッケージデザインの「ペプシ ドライ」。「大人のための」を強くアピールするため、大人が好むブラックコーヒーのようなデザインを用いたとも考えられる。コーラにレモンを加えて飲むことは珍しくないが、初めから香りとして加えることで、どこまで「飲用時の満足感とすっきりとした後口」が再現されるのか。どのような飲み心地になるのか、今から気になる人も多いに違いない。


スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー