牛角で「太陽のマテ茶」、5月7日から導入

2012/04/29 06:50

太陽のマテ茶日本コカ・コーラは2012年4月26日、以前【肉料理に合う無糖茶の新種類「太陽のマテ茶」、コカ・コーラシステムから登場】で紹介した、同年3月19日に発売した「太陽のマテ茶」が、同年5月7日からレインズインターナショナルの焼肉チェーン店「牛角」の全店舗にて、ドリンクメニューとして導入が開始されると発表した。ノーマルの「太陽のマテ茶」は価格350円(税別)(発表リリース)。

↑ メニュー内マテ茶導入公知
↑ メニュー内マテ茶導入公知

日本コカ・コーラでは「太陽のマテ茶」新規導入にあたり、肉料理によく合う飲料としてターゲット層である30-40代の男性層に訴求するための施策として、焼肉チェーン店とのコラボレーションを検討。その中で、革新的な戦略・手法で焼肉市場を開拓してきたレインズインターナショナルに着目、アプローチをかけたところ賛同を得たため、コラボレーションの実現に至った。

肉との相性の訴求などにより新カテゴリー創造を目指す「太陽のマテ茶」と、焼肉をもっと美味しく食せるシーン作りを目指す「牛角」による、「活力」をテーマとしたコラボレーション”第1弾”として、全国の「牛角」全620店舗にて、「太陽のマテ茶」の約40万本の大規模店頭サンプリングを2012年月19日より実施。それに続く施策として、「牛角」全店舗において、同年5月7日から「太陽のマテ茶」の、ドリンクメニューへの導入を開始することになる。

「牛角」に導入されるメニューはベーシックな「太陽のマテ茶」、そして「太陽のマテ茶」を使用した「マテ茶ハイ」「マテカシス」「マテコーラハイ」の計4点で、価格帯は350円(税込368円)から490円(税込515円)での展開予定。さらに「牛角」メニューに「太陽のマテ茶」およびマテ茶ラインナップメニューの差し込みの展開などにより、マテ茶の消費促進につなげていく。

今回の発表に際し両社は、「活力」を両社共通のテーマに掲げ、「太陽のマテ茶」は、肉食との飲用体験提供による新カテゴリーの創造を目指し、「牛角」では焼肉をもっと美味しく楽しく食せるシーン作りを目指していくと言及している。

肉料理に良く合うお茶としては、これまでもウーロン茶などいくつかのお茶系商品が提唱されることはあった。今回の「マテ茶」はメインテーマとして「肉料理に良く合うお茶」が掲げられており、まさに本命の登場といえる。どこまで「牛角」でマテ茶が浸透していくか、気になるところではある。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー