すき家、200円での朝食メニュー「たまごかけごはん朝食」を発売開始

2012/05/16 06:40

たまごかけごはん朝食[ゼンショー(7550)]が展開する郊外型ファミリー牛丼店「すき家」は2012年5月14日、同年5月15日午前5時から「たまごかけごはん朝食」の販売を行うと発表した。価格200円(税込)(並・大盛)。ミニサイズは180円。午前5時-午前10時半までの発売。持ち帰りは不可。60円を追加することでみそ汁をとん汁に変更できる(【発表リリース】)。

↑ たまごかけごはん朝食(並)
↑ たまごかけごはん朝食(並)

すき家では現在、時間限定で「朝食セット(280円)」や「納豆朝食(350円)」、「鮭朝食(400円)」(すべて並盛価格)などの朝食メニューを販売しているが、さらなる割安感を呈して獲得客層を広げるため、今回「200円」の「たまごかけごはん朝食」を提供することとなった。

「たまごかけごはん朝食」は、ご飯(大盛りも同価格)、油揚げとわかめのみそ汁、お店でおろした大根おろしを使った「しらすおろし」、生たまごがセットになった朝食。だしを使ったたまごかけごはん専用の、すき家特製たまごかけしょうゆを使う事もできる。

牛丼御三家などではメインメニューの牛丼・牛めしの価格引き下げ競争(定価・期間限定)が激化している。多分に集客のためではあるが、今回シンプルな内容ながらも200円での朝食メニューが提供されたことで、朝食向け商品でも同様の競争激化が起きる可能性が出てきた。今後の同業他社の動向が気になるところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー