JR東日本フードが通常の2倍麺量を盛る「タワー盛りつけ蕎麦」を期間限定で販売

2012/05/24 06:40

タワー盛りつけ蕎麦【JR東日本(9020)】の100%子会社であるジェイアール東日本フードビジネスは2012年5月22日、JR東日本駅構内に展開するそば処「あずみ」において、「タワー盛りつけ蕎麦(そば)」を同年5月28日から8月下旬までの期間限定で販売すると発表した。価格460円。通常のつけ蕎麦比で2倍の麺量を有し、外観が「タワー級」とのこと(【発表リリース】)。

↑ タワー盛りつけ蕎麦(そば)(同商品には。鶏と魚介の濃厚ピリ辛Wスープのつけ汁が付きます)
↑ タワー盛りつけ蕎麦(そば)(同商品には。鶏と魚介の濃厚ピリ辛Wスープのつけ汁が付きます)

【スタバ、東京スカイツリータウン内に2店舗開店・限定アイテムも販売】などでも触れているが、先日オープンした東京スカイツリーに合わせ、多種多様な記念商品が市場には満ちあふれている。今回登場する「タワー盛りつけ蕎麦」もその類。説明によれば「今のウキウキ感・お祭り感を表現したメニュー」ということで、通常の量の2倍の麺を盛り付け、まさに「タワー級」。通常の「つけ蕎麦」が360円なので、単純に麺量だけ考えればお得感はある。

なお展開する「あずみ」店舗は飯田橋店、大崎店、海浜幕張店など関東内の10店舗。お目にかかるのは結構難しいかもしれない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー