くら寿しで使われている「贅沢わさび」、店舗内で販売開始

2012/05/25 06:30

贅沢わさびくらコーポレーションは2012年5月18日、同社運営の「くら寿司」で利用している「贅沢わさび」について、同店舗内の物販コーナーで同日から販売すると発表した。内容量50グラム。価格189円(税込)。配合比率は本わさび51.1%・西洋わさび26.3%・その他(【発表リリース】)。

↑ 贅沢わさび
↑ 贅沢わさび

くら寿司では、お寿司を食べる直前にわさびをつける「直前わさび」を提唱。そしてそのわさびとして、化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料を使用せず、厳選した『本わさび』をぜいたくに用いた「贅沢わさび」を使っている。チューブわさびでは味わい難い食感とわさび独特の辛さのなかに甘みを感じる、「こだわり」感が詰まった逸品で、説明に曰く「くら寿司にご来店されるお客様、そしてわさび通の方からも非常に高い評価を頂いて」いるとのこと。今回「くら寿し」内店頭で発売されるのは、この「贅沢わさび」。

「贅沢わさび」はお寿司を食する際に用いるのは当然として、それ以外にもお刺身やお肉そしてドレッシングの隠し味になど、使い道は多種多様。価格も比較的組みしやすい額に設定されている。

外食店でメニューなどに使われている「専用の」調味料や食品の中には、その店舗ならではのもの、個性豊かで「自宅でも使いたい」と思わせるものも少なくない。ファストフード店の一部ではそれらを冷凍・レトルト化して販売しているところもあり、今件の「贅沢わさび」もその流れの一環といえる。

「くら寿し」でのわさびに違いを見出した人、実食して「この味わいを自宅でも楽しみたい」「お寿司だけでは無く他の料理にも使ってみたい」と考えていた人には、またとない機会といえよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー