【更新】13年のロングセラー「メイトーのなめらかプリン」、発売当初の味を再現した復刻版登場

2012/05/29 12:00

メイトーのなめらかプリン協同乳業は2012年5月28日、同社が1999年に発売して以来今年で14年目となるロングセラー商品「メイトーのなめらかプリン」の復刻版商品『復刻版牛乳と卵でつくったなめらかプリン』を同年7月2日から期間限定(発売終了日は現時点で未公開)で発売すると発表した。価格105円(税込)、内容量110グラム、熱量207kcal([発表リリース])。

↑ 復刻版牛乳と卵でつくったなめらかプリン(左)と通常版(右)
↑ 復刻版牛乳と卵でつくったなめらかプリン(左)と通常版(右)

今回発売される『復刻版牛乳と卵でつくったなめらかプリン』は、1999年に発売を開始した「メイトーのなめらかプリン」の当初の味わいを再現したもの。当時の味を懐かしむ人はもちろんだが、現行タイプの商品も並行して発売されるため、食べ比べ、味の比較をすることもできる。

説明によれば『復刻版牛乳と卵でつくったなめらかプリン』は現行の「メイトーのなめらかプリン」と比べると「ややどっしり感のある味わい」とのこと。牛乳と卵の力でつくるメイトーのプリン類の中でも、食べ応えや濃厚感にこだわりを見せながら口どけも良く、キレのよい甘さと香りのバランスで仕上げられている。また、見た目も発売当時のものを再現しており、トレードマークのブルーのデザインに、目にも映えるトリコロール(三色)カラーで構成されている。

当時の味に惚れ込んだ経験を持つ人はもちろん、今の「メイトーのなめらかプリン」を愛食している人もまた、チェックする価値のある一品といえよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー