ネクターの味わいをかき氷に・赤城乳業から「不二家ネクター桃のかき氷」登場

2012/05/30 12:00

不二家ネクター桃のかき氷赤城乳業は2012年5月29日、不二家と赤城乳業の共同企画商品として、不二家の「ネクターピーチ」をイメージした氷菓『不二家ネクター桃のかき氷』を同年6月5日から全国のコンビニエンスストア、スーパーで発売すると発表した。容量185ミリリットル、価格126円(税込)(【発表リリース】)。

↑ 不二家ネクター桃のかき氷
↑ 不二家ネクター桃のかき氷

不二家ネクターは1964年に誕生し、今では40年以上も続くロングセラーブランドとなり、多くのファンから愛されている果実飲料。桃そのものの美味しさや、果実としての自然感を楽しめる濃厚なとろみ感は、白桃を丸ごとつぶしたピューレ(すりつぶした上で裏ごしした汁を煮詰めたもの)を用いているため。また「ネクター」とは元々ギリシャ語の「ネクタル」を由来とするもので、神々の飲み物として愛されてきたという。

今回発売される『不二家ネクター桃のかき氷』は、「ネクター」同様に桃をまるごと裏ごしした果汁を使用している。果実の素材を活かした、初夏によく合う華やかな桃の香りと、甘く濃厚な美味しさが味わえるとのこと。

アイスクリームでは無く「かき氷」であることから、氷のしゃりしゃり感とネクターの甘味が一体化するという、他商品ではなかなか経験できない味わいを楽しめることになる。成分表を見る限り1個につき熱量も107kcalと低め。ネクター好き、あるいはかき氷のシロップにこだわりを持つ人にはポイントの高いアイテムとなるかもしれない。


FUJIYA Co.,LTD

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー