コーヒー入り炭酸飲料「エスプレッソーダ」登場

2012/05/31 06:40

エスプレッソーダサントリー食品インターナショナルは2012年5月29日、コーヒー入り炭酸飲料『エスプレッソーダ』を同年7月31日から全国で発売すると発表した。価格140円(税別)。330ミリリットルペットボトル入り(【発表リリース】)。

↑ エスプレッソーダ
↑ エスプレッソーダ

リリースによれば昨今の炭酸飲料市場は拡大の一途をたどり、2011年においては5年前比で2割以上拡大しているとのこと。またサントリー食品側の調査によれば、仕事中に炭酸飲料を飲用する機会が増えているとの話。そこで今回サントリー食品側では「新たな炭酸飲料の魅力」を提案すべく、”働く大人向けのコーヒー入り炭酸飲料”として「エスプレッソーダ」を発売することとなった。

中味の特徴としては従来製法では難しかった「コーヒーの豊かな香味を炭酸飲料で実現」することについて、「炭酸無菌充てん」ラインを自社工場に導入しこれを実現。エスプレッソのようなコク・苦味と、炭酸の刺激の両立に成功した。コーヒー由来のクセになるおいしさと、そう快な後口が特徴とのこと。

パッケージでは氷をモチーフにした形状のペットボトルを採用し冷たさを表現。さらに黒と銀の背景にエンブレム調のロゴを採用することで、洗練されたデザインに仕上げている。

コーヒー入り炭酸飲料といえば、主従は逆になるが「炭酸入りコーヒー」としてかつてネスレ日本から「ネスカフェ スパークリング・カフェ」が発売されていたことが思い返される(【炭酸入りコーヒー飲料「ネスカフェ スパークリング・カフェ」を試飲】)。好き嫌いが極端に分かれた商品だったが、今件はいかなる味わいを楽しませてくれるのだろうか。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー