コーヒーゼリーとミルククリームで創られた「夏のチョコパイ」、期間限定で発売

2012/05/31 19:30

夏のチョコパイロッテは2012年5月30日、同社の定番商品の一つであるチョコパイにコーヒーゼリーを納めた『夏のチョコパイ<コーヒーゼリーin>』を同年6月19日から8月までの期間限定で発売すると発表した。商品ジャンルはビスケット、内容量6個入り。価格はオープン価格で、想定小売価格は298円前後(税込)(【発表リリース】)。

↑ 夏のチョコパイ<コーヒーゼリーin>
↑ 夏のチョコパイ<コーヒーゼリーin>

断面図今件『夏のチョコパイ<コーヒーゼリーin>』はチョコパイの中に、夏には特に人気を博するスイーツの一つであるコーヒーゼリーを納めたもの。具体的には通常のチョコパイでは、カステラ生地でバニラクリームのみをサンドした上で全体をチョコレートでコーティングするのに対し、ほろ苦いコーヒーゼリーも間に配した上で、クリームもバニラでは無くミルククリームを使っている。これによって「ミルクをたっぷり注いだコーヒーゼリー」的な味わいを楽しむことができるようになる。さらに柔らかなクリームと、確かな食感のゼリーを一つのパイにまとめあげたことで、複数のかみごたえを一口で味わうことができるようになる。

またミルククリーム・コーヒーゼリーを使っていることから、通常のチョコパイ以上に冷やした時の美味しさを堪能できるため、食べ方の上でもリリースで「冷蔵庫で冷やすことで、コーヒーゼリーの食感や風味をより一層楽しめます」と言及しているだけでなく、パッケージ上でも「冷やしてもおいしい」ロゴマークをプリント。「冷やした上で冷たいスイーツとして食べる」というスタイルを提案している。

クリームとゼリーの一体感、さらにはそれらを挟んだカステラ生地と薄いチョコレートの層。冷やすことで口に含むとチョコの層がぱりぱりと音を立ててかみ砕かれ、カステラ生地・クリーム・ゼリーと微妙に異なる歯触りを体感できる。楽しく、そして美味しく食べられそうなお菓子として、少々気になる一品ではある。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー