木製のようなプラ製食玩「WOODELIXウッデリックス」、第一弾は仮面ライダーマシン

2012/06/07 06:40

WOODELIXウッデリックスバンダイは2012年6月6日、プラスチック製ながらも木目調を再現し、木製玩具のような雰囲気をかもす玩具菓子のコレクショントイ『WOODELIX(ウッデリックス)』を同年7月30日から発売すると発表した。第一弾は「サイクロン号」(仮面ライダー1号)や「マシンマッシグラー」(仮面ライダーフォーゼ)など5種類の歴代ライダーマシンを題材にした「WOODELIX ライダーマシン」(全5種類・各294円・税込)(本体1個の他、プレート1枚とラムネ1個入り)となる。サイズは30×50×10ミリほど(種類によって異なる)(【発表リリース】)。

↑ WOODELIX ライダーマシン。右側の集合写真では、左上から サイクロン号/Vジェット/バトルホッパー/ハードボイルダー/マシンマッシグラー
↑ WOODELIX ライダーマシン。右側の集合写真では、左上から サイクロン号/Vジェット/バトルホッパー/ハードボイルダー/マシンマッシグラー

↑ 木目のテーブルに置かれるとまた違った雰囲気が
↑ 木目のテーブルに置かれるとまた違った雰囲気が

「WOODELIX」シリーズは、異なる2色の樹脂を混合・成形することで木目調の流れ模様を再現するGRAINIC MOLDING技術を採用している。この技術を用いた濃淡の違う3色(シナ材風、チーク材風、コクタン材風)の成形色で対象アイテムを構成することで、プラスチック製ながらも、木製玩具のような風合いを演出したぬくもりを感じられる商品になっている。

↑ GRAINIC MOLDING技術
↑ GRAINIC MOLDING技術

またインテリア性も高く、デスク周りや棚、オーディオボードなどのディスプレイにも適している。

第一弾となる「WOODELIX ライダーマシン」は、歴代の仮面ライダーのバイクから5種(サイクロン号/Vジェット/バトルホッパー/ハードボイルダー/マシンマッシグラー)を商品化し、ライダーマシンの独特なデザインを全長約50ミリというミニチュアサイズで精巧に再現している。前後のタイヤやハンドル、スタンドが可動する他、ライダーマシンの名称を刻んだプレートも付属する。

プラスチックスを用いて木製の雰囲気をどこまで再現できるのか、そしてその再現技術で既存のプラ製おもちゃがどのような価値を見出すことになるのか、色々と気になることは多い。取り上げるテーマや造形次第では、これまでやもすれば陳腐化しかねないプラ製食玩の世界に、新たな風を送り込むことになるかもしれない。


(c)石森プロ・東映 (c)2009 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (c)2011 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー