暑くても手で溶けない「チョコまで焼いたたけのこの里」登場

2012/06/08 06:30

チョコまで焼いたたけのこの里明治は2012年6月7日、同社定番のチョコスナック「たけのこの里」ブランドから、焼き上げたチョコとクッキーを組み合わせた『チョコまで焼いたたけのこの里』を同年6月19日以降全国で発売すると発表した。暑い時期でも手で溶けないのがポイント。内容量40グラム。熱量215kcal(1箱あたり)。価格210円(税込)(【発表リリース】)。

↑ チョコまで焼いたたけのこの里
↑ チョコまで焼いたたけのこの里

↑ チョコまで焼いたたけのこの里・内容
↑ チョコまで焼いたたけのこの里・内容

『チョコまで焼いたたけのこの里』は焼きチョコレートの香ばしいおいしさと、パフを入れたサクサク食感のクッキーを組み合わせたチョコスナック。大粒のたけのこの里をチョコまで焼き上げることで、暑い時期でも手でとけず、食べやすい、一口サイズのチョコスナックに仕上ている。食べ始めのサクサクとした軽い食感から、かむほどにカカオの味わいが広がり、最後までしっかりとしたチョコ感を楽しむことが出来る。

明治側では定番商品の「たけのこの里」から、今までにない“手でとけない”タイプの焼きチョコスナックの発売を通じて、夏場のチョコレート市場の活性化と新規顧客獲得を図るとしている。

なお現時点において「きのこの山」関連で、同様の仕組みを凝らした商品の発売は確認されていない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー