【更新】「Yahoo!レシピ」は年内閉鎖、クックパッドへの誘導口設置…ヤフーとクックパッドが提携

2012/06/09 06:35

Yahoo!レシピポータルサイトYahoo! Japanを運営する【ヤフー(4689)】とレシピサイトクックパッドを運営する【クックパッド(2193)】は2012年6月8日、同年6月7日に業務提携に向けた基本合意書を両社間で締結し、同年7月からさまざまな施策を順次はじめると発表した。具体的にはYahoo! Japan内で展開されている料理レシピサイト「Yahoo!レシピ」の閉鎖と、クックパッドへの積極的誘導、クックパッドでのYahoo!ウォレットの導入などが挙げられる([発表リリース])。

↑【Yahoo!レシピ】のようす
【Yahoo!レシピ】のようす

今回の提携はヤフー側の「成長が望めそうにないコンテンツの整理によるリソースの集約化・有効活用(が、ポータルとしては何らかの形で「レシピに関しても情報展開をしている」ことを残したい)」、クックパッド側の「さらなる属性の利用客の拡大を狙いたい」「広告を積極的に販売したい」とする思惑が一致したもの。

具体的な提携内容としては

・Yahoo! Japan内のレシピサイトの役割を実質的にクックパッドに
Yahoo! Japan内で展開している「Yahoo!レシピ」の年内終了。Yahoo! Japanのスマートフォン版・パソコン版・モバイル版にクックパッドへの誘導を行う場所を設置。その他さまざまなサービスからの誘導も行う

・ヤフーがクックパッドの広告在庫を販売
ヤフーがクックパッド内の広告枠の一部を預け入れ、一括販売

・クックパッドでYahoo!ウォレット決済の導入
クックパッドのプレミアムサービスや各種決済の決済手段として、Yahgoo!ウォレットを導入

などが現時点で公開されている。

先日クックパッド側では【プロのレシピが購入できる「レシピストア」オープン-有名料理家・シェフのレシピがクックパッドに登場-】にもある通り、コンテンツの販売ビジネスに積極的な動きを見せ始めている。「レシピストア」での決済方法は現時点でクレジットカードのみだが、Yahoo!ウォレットの導入が進めば手段が多様化され、利用者の増大と便宜性の向上が期待できる。

ポータルサイト内での1分野の自社コンテンツの終結と、その分野のトップサービスとの提携。両社にどこまでの便益が生まれるのか、気になるところではある。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー