NTTドコモ、タワーレコードを子会社化へ・物販事業強化を狙う

2012/06/12 06:35

提携【NTTドコモ(9437)】は2012年6月11日、すでに2005年に資本提携をしていたタワーレコードの株式を追加取得し、子会社化することを決定、関係当局における法定手続完了後に同年7月中旬にも取得することを発表した。取得後のドコモ側の出資比率は50.3%(取得前42.1%)となり、子会社化を果たす。ドコモ側では今回の子会社化について、「モバイル分野の普及で相互成長効果が望める、各種取引事業への進出を加速する」と説明している(発表リリース)。

NTTドコモはすでに2005年11月の時点で、タワーレコードの株式を約128億円で取得し、42.1%の出資比率を持つ状態にあった(【該当リリース】)。今回既存株主からの譲受により出資比率を積み増しし、50.3%にまで高め、子会社化を果たすことになる。

タワーレコードは現在全国に89店舗の実店舗を持ち、ブランド力と業界からの信頼も厚い映像や音楽ソフト、書籍などの販売大手であり、楽曲や著作物の著作権管理などの業務も行っている。NTTドコモ側では今回の子会社化により、昨今普及率上昇の著しいスマートフォンやタブレット機などのモバイル端末との相乗効果を図ることで、「店頭販売」「インターネット販売」の両面におけるCD・DVDなどの物販事業への進出を加速すると説明している。

タワーレコードのブランドと蓄積してきた経験を、ドコモ側がどのように活かし、相乗効果を生み出していくのか。その切り口に期待したいところだ。


■関連記事:
【米タワーレコード廃業へ、経営再建ならず。日本タワーレコードに影響なし】(2006年10月)

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー