キリンビバレッジの「トクホコーラ」、約二か月で200万ケース突破・年間販売目標を600万ケースに上方修正

2012/07/04 06:40

トクホコーラキリンビバレッジは2012年7月3日、【一か月足らずで年間販売目標の100万ケース突破…キリンビバレッジの「トクホコーラ」、緊急増産対応へ】でもお伝えした、同年4月24日から発売を開始している「キリン メッツ コーラ」について、発表時点で販売実績が200万ケースを突破、そして年間販売目標を当初の「100万ケース」から「600万ケース」に上方修正したと発表した(【発表リリース】)。

↑ キリン メッツ コーラ
↑ キリン メッツ コーラ

【キリン メッツ コーラ(キリン) 試飲】で試飲レポートを挙げてあるが、「キリン メッツ コーラ」はキリンビバレッジがこれまで発売してきた「キリンの泡」「大人のキリンレモン」などにもあるような「大人を発信対象とする、新たな炭酸飲料領域の創造」というコンセプトに基づく提案型商品の一つ。食事の際に脂肪の吸収を抑える、特定保健用食品史上初のコーラ系飲料がメインテーマとなっている。

同コーラは難消化性デキストリンを配合し、食事の際に脂肪の吸収を抑える、特定保健用食品史上初のコーラ系飲料であるのが最大の特徴。糖類ゼロでありながら、コーラ系飲料ならではの飲みごたえのある味わいを実現し、さらに強めの炭酸にすることで、コーラ系飲料に期待される刺激とそう快感に仕上げている。

「キリン メッツ コーラ」は特定保健用食品に該当する飲料でありながら、コーラ系飲料に期待される味覚(やや甘味が強いとの意見もある)を提供することで、健康意識の高い大人層やコーラ系飲料ユーザーから大きな評価を受けることとなり、発売から2日間で本来同社が年間販売目標としていた100万ケースの5割(50万ケース)を突破、一か月足らずで100万ケースを超え、そして発売から約二か月で200万ケースを超えた。そこで年間販売目標を、最初設定していた100万ケースから600万ケースに上方修正することに相成った。

今回発表されたリリースでは飲用者による調査結果も提示されているが、それによると「キリン メッツ コーラ」は

・30-40代の飲用者が多い。女性も多め。
・「脂っこい食事をとる時」に飲む人が多い。
・「当初思っていたよりも」コーラっぽい味がするという評価。

との評価を受けている。

キリンビバレッジ側では今回の「キリン メッツ コーラ」の成功を受け、コーラ系飲料市場において、「有糖コーラ系飲料」「ゼロ系コーラ系飲料」に続く、新たな市場を確立していくとコメントしている。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー