ピルクルとコラボしたホワイトチョコの「チョコフレーク」登場

2012/07/25 12:00

チョコフレーク ピルクル味日清シスコは2012年7月23日、「チョコフレーク ピルクル味」を同年8月6日から順次発売すると発表した。価格はノンプリントプライス(企業側から販売参考価格が提示され、それを参考に販売店が決める方法。完全に販売店が決めるオープン価格とは異なる)。85グラム入り。乳製品乳酸菌飲料「ピルクル」とチョコフレークのコラボレーション商品(【発表リリース】)。

↑ チョコフレーク ピルクル味
↑ チョコフレーク ピルクル味

日清シスコは先日紹介した【組合せを楽しもう・日清シスコから「ひとくちクッキー カスタード味&イチゴ味」登場】などの各種焼き菓子だけでなく、チョコ味のシリアル「チョコフレーク」も発売している。この「チョコフレーク」は1968年の発売開始以来のロングセラー商品だが、年に数回バリエーション品を展開し、ファンに刺激を与え商品ラインアップにメリハリを提供している。

今回登場するのは、やはり日清食品のグループ会社である日清ヨークの定番商品 "ピルクル"(乳製品乳酸菌飲料)との共同開発品として生誕した「チョコフレーク ピルクル味」。ホワイトチョコの中に "ピルクル" の持つマイルドな甘さと酸味を表現しているもので、コーンフレークを「ピルクル風味のチョコレートでコーティング」しており、開封時にさわやかなピルクルの風味が広がっていくとのこと。

ピルクルとホワイトチョコそれぞれの味は何度となく体験しているが、それが合わさった形でフレークと一体化している状況は、さすがに想像だけでは口の中の味わいとして再現できない。乳酸系とホワイトチョコのそれぞれ異なる甘味が、シリアルのカリカリ感と共に口に収まると、どのような旨味を口内に広げていくのか。ピルクル好き、ホワイトチョコ好き、そしてシリアル好きにとって気になるところといえよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー