JR東海、新型新幹線車両「N700A」の車両シンボルマークとインテリアデザインを発表

2012/07/26 06:40

「N700A」の車両シンボルマーク【JR東海(9022)】は2012年7月25日、東海道新幹線で用いる新型車両N700A(N700系1000番台)について、車両シンボルマークやインテリアデザインを公開した。同車両は同年8月には最初の編成が完成、来年2月には営業運転を開始する予定(【発表リリース】)。

↑ N700A シンボルマーク
↑ N700A シンボルマーク

↑ 車内インテリアデザイン
↑ 車内インテリアデザイン

N700Aは現在使われている車両N700の後継にあたる車両。「A」は「Advanced」を意味し、N700と比べて数々の安全システムの追加や省エネ化が図られている(【2011年5月の発表リリース、PDF】)。今回発表された車両シンボルマークでは、その「A」を東海道新幹線のシンボルである青帯に一体化させ、N700Aの先進性を表現している。

また内装となるインテリアデザインはグリーン車、普通車とも、利用客から定評のあるN700系のインテリアを継承しながら、座席モケット(椅子の上張り地などに使われる織物)のデザインを変更。グリーン車ではより落着きを持たせた車内に、普通車では明るく開放感のある車内にしている。さらにシートのクッション素材には、日本の新幹線として初めて100%リサイクル可能なポリエステルを採用。トイレ、洗面室の照明にはLEDを採用し、また、それに調光機能を持たせるなどして、車内の照明電力をN700系に比べ約20%削減している。

冒頭で触れたように、N700Aが実働するのは来年2月以降。東海道新幹線を利用する機会がある人は、今車両と出会えるのを心待ちにしよう。


■関連記事:
【東海道・山陽新幹線から「300系」車両、2012年春に引退】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー