はなまるうどんの「期限切れクーポン大復活祭」、売上の一部100万円寄付報告

2012/08/07 06:35

寄付うどんチェーン店「はなまるうどん」を展開する株式会社はなまるは2012年8月2日、今年の4月2日から5月6日にかけて実施した「期限切れクーポン大復活祭」の売上の一部100万円について、当初の予定通りNPO法人TABLE FOR TWO Internationalに寄付をしたと発表した。アフリカの子供達の学校給食および東北の被災地での食糧支援のための費用に充てられることになる(【発表リリース】)。

↑ 「期限切れクーポン大復活祭」公知ポスター
↑ 「期限切れクーポン大復活祭」公知ポスター(再録、キャンペーンはすでに終了)

今キャンペーンは全国のあらゆる企業・団体が発行し、使用期限内に使われなかった割引券・クーポンを、同社の商品注文時(300円以上、税込)に提出することで、50円割引のサービスが受けられるというもの。「期限切れ割引券・クーポン券」を有効活用してもらうことで、景気回復や利用客へのサービス提供との考えから、今回のキャンペーンを実行した。

今件においてはすでに実施時に「売上の一部はNPO法人TABLE FOR TWO Internationalを通じ、アフリカの子供達の学校給食・東北被災地での食糧支援のための費用として寄付」することが決まっており、今回はそれが果たされたことになる。

キャンペーン好きな人や各企業のプロモーションに興味がある人は「今キャンペーンで総額幾らの割引が行われたのか、何枚の『期限切れクーポン』が回収されたのか」の点も気になるところ。しかし発表されたのは売上の一部とされる額であり、詳細は不明。少なくとも一定以上の回収がなされ、喧伝効果があり、そして寄付も果たされたことだけは間違いあるまい。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー