ローソンの中華まん、本日14日から発売開始

2012/08/14 06:40

ローソン中華まん[ローソン(2651)]は2012年8月13日、同年8月14日から全国の同社店舗(ナチュラルローソン・ローソンストア100を除く)において、同社のオリジナル中華まん5種類「肉まん」「ピザまん」「ビーフカレーまん」「あんまん(粒あん)」「あんまん(ごまあん)」の販売を開始すると発表した。価格は各110円(税込)。北海道・東北地区ではすでに同年7月31日から発売を始めている(【発表リリース】)。

↑ 左から肉まん、ピザまん、ビーフカレーまん
↑ 左から肉まん、ピザまん、ビーフカレーまん

毎年この時期になると販売を開始する各コンビニの中華まんだが、今年のローソンでは原材料の増量や製法の変更により、中華まんそれぞれの旨みをアップさせ、価格を昨年より10円安くした上で展開を行う。

「肉まん」には、濃厚で肉汁豊富な肉の旨みと食感を楽しめる、ミンチとダイスカットの2種類の豚肉をまぜた中具を使ったとのこと。また「ピザまん」にはベーコンとオリーブオイルを使った、ピザソースを使用している。モッツァレラチーズを増量し、チーズの伸びを楽しめるという。「ビーフカレーまん」の具材には、デミグラスソースを使用し、奥深い大人の味わいに仕上げられている。昨年のキーマカレーまんに比べると、ボリュームアップしているとの話。

また「あんまん」では「粒あん」は小豆の量を増加して粒感をアップ、「ごまあん」ではあんを炊き上げた後、急速に冷やすことで香り豊かな黒ごまあんに仕上げている。いずれも「あん」の旨みをさらに盛り立てる工夫が嬉しい。

ローソンではこの時期の中華まん発売について「夏の暑さは、8月上旬にピークをむかえ、それ以降、気温は徐々に下がり始めます」「気温が下がり温かいものを食べたくなる時期に合わせ」て展開する、と説明している。地域によって実情は大きく異なるが、昼間はともかく夜に入ってからの暑さは一段落ついたのでは、と感じる人も少なくあるまい。レジ横の専用ケースにこれらの中華まんを目にし、季節の変わり目を覚えながら注文するのも、秋の到来を実感する一つの恒例行事……なのかもしれない。


■関連記事:
【ファミマの中華まん、今年は前年より2週間早く本格展開開始】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー