移動コンビニ「ファミマ号」、群馬県の特別養護老人ホームに展開開始

2012/08/22 06:40

ファミマ号[ファミリーマート(8028)]は2012年8月21日、常温・定温(16-20度)・チルド(3-8度)・冷凍(マイナス24度以下)・ホット飲料の5温度帯販売設備を搭載した移動コンビニ「ファミマ号」(2トンタイプ)の営業を、群馬県内で初めて桐生市黒保根町において、8月23日から開始すると発表した。移動コンビニ「ファミマ号」は今件で5台目の稼働となる(【発表リリース】)。

↑ 「ファミマ号」(2トンタイプ)(南相馬市での運用状況)
↑ 「ファミマ号」(2トンタイプ)(南相馬市での運用状況)

今回展開される「ファミマ号」は桐生市の中心街から北西約20キロにある、特別養護老人ホーム「しみずの里」(所在地:群馬県桐生市黒保根町)の駐車場にて、毎週木曜日の11時00分から13時00分までの営業を行うことになる。今後は地域住民の要望を確認しながら、順次営業拠点を拡大する予定。なお「ファミマ号」はしみずの里の関係者をはじめ、近隣住民も利用が可能。


大きな地図で見る
↑ しみずの里
↑ しみずの里

今回導入される「ファミマ号」は、従来の3トン型より小型の2トンタイプが導入される(普通免許で運転が可能なのもポイント)。

この「ファミマ号」はトラックの荷台を改造し小型店舗をイメージして、おむすびやサンドイッチなどの中食商品だけでなく、洗剤、軍手などの日用雑貨まで合わせ、約200種類の商品を揃えている。専用の発電機を搭載しているため、停電地域でも営業が可能(約50時間)。入口・出口を1か所ずつ設け、出入口には手すり付きの昇降ステップを設置し、乗り降りの負担軽減を試みる。また支払方法はハンディレジ(1台)、現金のみの会計で、ファミマTカード・クレジットカード・プリペイドカードは利用できない(各種収納代行も不可)。付帯設備として手洗い台1台、電子レンジ1台、電気ポット1台などがある。

地図を見れば分かるが、今回展開先となる「しみずの里」は緑豊かな場所ではあるが、周辺に商店の類は無く、買物には1キロ前後の移動を余儀なくされる。週一でも巡回によるコンビニ展開は、同施設にとって心強い味方となるに違いない。採算性や運用上の問題はあるが、それらを今件も含めた実証実験を繰り返しながら、移動コンビニの類はかつて各地で見られた「移動図書館」のような役割を果たすことになるのだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー