ローソンでスイーツ素材「贅沢カスタード」開発、第一弾「こぶりっちシュー」も発売へ

2012/09/11 06:35

プレミアム こぶりっちシュー[ローソン(2651)]は2012年9月10日、同社のオリジナルスイーツブランド「Uchi Cafe' SWEETS(ウチカフェスイーツ)」の素材「贅沢(ぜいたく)カスタード」を開発したと発表した。そしてその素材を用いた商品の第一弾「プレミアム こぶりっちシュー」を同年9月11日から全国同社店舗(ローソンストア100を除く)で発売する。価格105円(税込)(【発表リリース】)。

↑ プレミアム こぶりっちシュー
↑ プレミアム こぶりっちシュー

「Uchi Cafe' SWEETS」は、「プレミアム ロールケーキ」の“純生クリーム”や「あんこや」の“あんこ”など素材にこだわったスイーツづくりで、ローソンのスイーツの品ぞろえを豊かなものとしてきた。今回は3つ目のこだわり食材としてカスタードに注目し、“贅沢カスタード”を開発した。

「ウチカフェ研究所」と「謎のローソン部」(ローソンファンによるコミュニティ携帯サイト)で「好きなカスタード」についてのアンケートを行ったところ、「バニラビーンズ入り」「卵黄多めの、しっかりした感じ」「あっさりで懐かしい感じ」などの意見が多数寄せられた。そこで「バニラビーンズ(香り)」 「卵のコク(2種類の卵を組み合わせる)」「甘さ控えめ(一部に氷砂糖を使いキレのある甘さをかもす)」の3つをポイントに原材料を見直し、素材を生かすため製造工程も一新。今後はこの「贅沢カスタード」を用いたデザートを展開していくことになる。

「贅沢カスタード」使用第一弾となる、今回発表された「プレミアム こぶりっちシュー」は、幅広い層に人気の「シュークリーム」。女性からの需要に応える形で、「少し小さめ」で「手頃な価格」の「贅沢なシュークリーム」に仕上げられている。“贅沢カスタード”の「コク」「キレ」「香り」を楽しむことができるとのこと。

ローソンの「プレミアムロールケーキ」をはじめとした洋風スイーツ群においては、同社開発の「純生クリーム」が大きな魅力のポイントといえる。特に「プレミアムロールケーキ」が躍進し、コンビニにおける「クリームメインのロールケーキ」の主流化を導いたのも、この「純生クリーム」の牽引力による功績が大。今回開発された「贅沢カスタード」は、「純生クリーム」に続く洋風スイーツの機関車的役割を果たすことができるのか。その味わいが気になるところだ。


■関連記事:
【ローソンで新和菓子シリーズ「あんこや」スタート】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー