バーガーキングから黒いハンバーガー登場

2012/09/20 06:35

黒バーガーバーガーキング・ジャパンは2012年9月19日、バーガーキングの日本再上陸5周年を記念し、「黒バーガー(Premium KURO Burger)」を同年9月28日から同社各店舗で発売すると発表した。価格は450円(税込)。期間限定発売(発売終了時期は未定)。黒のバンズと黒味ケチャップが特徴(【発表リリース】)。

↑ 黒バーガー(Premium KURO Burger)
↑ 黒バーガー(Premium KURO Burger)

バーガーキング・ジャパンは2007年にバーガーキング1号店をオープンし、今年で5周年を迎えている。同社では5周年を機に、今までのファストフード業界の概念を覆す、王道で異端なニューリーダー的ポジションを目指すべく“非常識”をテーマに今回の『黒バーガー』を発売することとなった。

このハンバーガーの最大の特徴は、あまりにも独創的な“黒”のバンズ。通常、ハンバーガーのバンズの色といえば茶色が一般的だが、今回は黒のバンズを使用。食材で黒を表現する場合、通常はイカ墨由来の黒色を利用するが、『黒バーガー』では直火焼きのビーフパティの香りを引き立たせるため、バンズに竹炭を配合して表現した。そこにワッパーサイズ(約113g)のビーフパティ、ピクルス、新鮮味豊かなトマト、オニオン、レタスやパプリカなどの野菜とマヨネーズをはさんでいる。そしてトマトケチャップにイカ墨、ニンニクなどをブレンドした同社オリジナルの「黒味ケチャップ」で味付けをしている。

見た目の衝撃感は他のいかなる同社ハンバーガーより上かもしれない、黒光りするバンズ。中に挟まれた野菜やパティの色合いが、妙に映えてくるから不思議ではある。視覚は多分に味覚に影響を与えるものだが、『黒バーガー』は果たしてどのような味わいを示すのか。挑戦してみたくなる一品といえよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー