『冷凍 日清カプセルスタイル カップヌードルおにぎり』販売再開へ

2012/10/04 06:30

冷凍 日清カプセルスタイル カップヌードルおにぎりは2012年10月3日、先に同年9月19日付で販売を一時休止した冷凍おにぎり『冷凍 日清カプセルスタイル カップヌードルおにぎり』『冷凍 日清カプセルスタイル チキンラーメンおにぎり』のうち、『冷凍 日清カプセルスタイル カップヌードルおにぎり』の販売を再開すると発表した。同年10月15日から中部地区以西 (甲信越地区を除く)で、同年11月1日からは関東・甲信越地区以北での販売再開となる。価格はオープン価格。なお『冷凍 日清カプセルスタイル チキンラーメンおにぎり』については、しばらく販売を見合わせるとしている(【発表リリース】)。


↑ 『冷凍 日清カプセルスタイル カップヌードルおにぎり』のパッケージ(上)と専用トレーに収められた個別のおにぎり(下)
↑ 『冷凍 日清カプセルスタイル カップヌードルおにぎり』のパッケージ(上)と専用トレーに収められた個別のおにぎり(下)

『冷凍 日清カプセルスタイル カップヌードルおにぎり』『冷凍 日清カプセルスタイル チキンラーメンおにぎり』は日清食品冷凍が「おにぎり」市場に注目したのがきっかけで誕生した商品。既存の冷凍食品の「おにぎり」のマンネリ感を打破しつつ、コンビニで堅調な売れ行きを示す「おにぎり」のように、味の種類や具の食感、彩りの楽しさも豊富で、食事としての需要に応えられる、さらにメニューとしての楽しさがある「これまでになかった "おにぎり"」をとの課題に応じる形で開発された。

今件両おにぎりは1個100グラムというボリューム感を有しており(一般的な冷凍食品の焼おにぎりは1食50-80グラム)、具材がしっかりと入って満足感も十分。1パック3個入りで、調理の際は1個ずつ切り取って小分けすることができるので、おやつから食事までの幅広いニーズに対応する。

また、"おにぎり" を想起させる三角形の「カプセル」は、この商品のために新しく開発された新形状の容器。「カプセル」のまま調理することで、蒸らし効果が得られるので、ごはんがふっくらとした仕上がりになる。さらにカプセルのふたを取れば、トレーの部分がお皿の代わりになり、そのまま手で持って食べられる便利さもある。

両「おにぎり」は2012年9月1日の発売以降大きな反響を呼び、日清側が当初予定していた販売計画を大幅に上回る需要が発生。商品供給が追い付かない状況となった。そこで同年9月19日から販売を一時休止し、供給体制を整えた上で、販売再開を模索していた。今回、両商品のうち『冷凍 日清カプセルスタイル カップヌードルおにぎり』の販売再開がようやく果たされることになったが、『冷凍 日清カプセルスタイル チキンラーメンおにぎり』はしばらくの間販売休止が継続されることとなる。

『チキンラーメンおにぎり』の販売再開が未定になったのは残念だが、『カップヌードルおにぎり』だけでも再登場するのはありがたいお話。発売日を心待ちにすることにしよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー