JR西日本から新ヒーロー「カンセンジャー」生誕

2012/10/06 06:55

カンセンジャー【JR西日本(9021)】は2012年10月5日、ファン獲得施策の一環として、子供に根強い人気のある500系新幹線を題材にしたヒーロー「カンセンジャー」を創作したと発表した。今後子供を対象に山陽新幹線を利用する際の安全意識の向上や、マナー向上を訴えかけるイベントなどの活動に登場・活躍する予定(【発表リリース】)。

↑ カンセンジャー
↑ カンセンジャー

※カンセンジャーとは『地球の平和を守るために戦うヒーロー』
・名前は・・・カンセンジャー500
・生まれ・・・EEKO星(エエコ星)という星から来た生命体らしい
・武器は・・・パンタグラフソード
・普段は・・・新幹線の車掌をしているそうだ
・趣味は・・・子供と遊ぶこと


↑ 500系新幹線。
↑ 500系新幹線。【直接リンクはこちら】

JR西日本・新幹線管理本部では、将来にわたって利用客に山陽新幹線を選択してもらうためには、安全性・経済性・利便性・快適性といった利用シーンでの満足度向上はもちろんのこと、新幹線に対する憧れ、愛着心、親近感などのイメージアップの取り組みが必要であるとの認識を確認。そこで、現在も子供から根強い人気のある500系新幹線をモデルにヒーロー「カンセンジャー」を誕生させ、子供とのふれあいなどを通し、将来にわたる新幹線ファンを増やしてくことを画策することとなった。

また、昨今車内秩序やマナーなど、利用客の新幹線乗車中での要望が多様化していることから、テーマは「安全・マナー」に決定。イベントなどへの参画を通じ、安全で快適な鉄道を実現するべく、幼少期より乗車マナーに関しての理解を深めてもらえるよう、子供に訴えかける取り組みを行っていくことになる。

↑ サンプルの漫画(リリースから)
↑ サンプルの漫画(リリースから)

「カンセンジャー」は2012年10月14日に交通科学博物館で開催される「こうはく 鉄道フェスタ」でデビューイベントを実施。その後山陽新幹線のイベントなどで握手会や写真撮影会を中心に活動していく。

昨今啓蒙目的のイメージキャラクタとしては、いわゆる「ゆるキャラ」なものが圧倒的多数を占めている中で、硬派のお手本的な造形や設定が映える「カンセンジャー」。今後どのような活躍をしてくのか、気になるところだ。


■関連記事:
【「鹿児島黒牛」のキャラネーミングに7000件以上の応募があったとの話】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー