大学生企画のランチパック、早稲田・明治・法政・立教で登場

2013/12/27 07:00

キャンパスランチパック山崎製パンは2013年12月26日、同社の人気シリーズ「ランチパック」の最新作として、早稲田大学・明治大学・法政大学・立教大学の学生とそれぞれ共同で企画した「キャンパスランチパック」、具体的には「ランチパック(ケバブ風味)」「ランチパック(チキンと野菜のレッドカレー)」「ランチパック(チキン竜田揚げ&サルサソース)」「ランチパック(ツナトマトとタラモサラタ)」を2014年1月1日から2月28日までの期間限定で発売すると発表した。発売地域は関東・甲信越・東北地区限定。価格は未発表(【発表リリース:『キャンパスランチパック』4品を新発売】)。

↑ キャンパスランチパック
↑ キャンパスランチパック

「ランチパック」とは山崎製パンの総菜パンにおけるヒットシリーズの一つ(同社商品区分では「菓子パン」として扱われている)。食パンのような正方形のパンの四方から耳の部分を取り除き、中に具を納めた上で四方を閉じて「具入りはんぺん」のような形にしたもの。中具がこぼれにくく持ち運びがしやすく、しかも食べやすいこともあり、合理的でしかも美味いという特徴を持つ。具材の豊富さも合わせ、幅広い層から大いに好評を博している。

今回登場する「キャンパスランチパック」は、大学生とのコラボレーションによって実現した商品。早稲田大学、明治大学、法政大学、立教大学との取り組みは昨年に続いて2回目で、前回の4品は2か月間で合計約376万個を販売している。今回も各大学から選定された学生達が、それぞれの大学の特徴をイメージした具材やスクールカラーを用いたパッケージデザインなどを考案。試作などを繰り返し、今回の完成品の展開と相成った。

早稲田大学は「ケバブ風味」。国際色豊かな校風にあわせ、世界三大料理の一つと言われるトルコ料理のケバブをイメージした。明治大学は「チキンと野菜のレッドカレー」。世界各国の留学生が集う新校舎「中野キャンパス」の学食で人気のスパイスがきいたレッドカレーをイメージ。法政大学は「チキン竜田揚げ&サルサソース」。同大学の応援歌「暁の勇者」の朝日の色をイメージしたサルサソースを選んでいる。そして立教大学は「ツナトマトとタラモサラタ」。おしゃれな立教ブランドを洋食コースメニュー風に2種類のメニューで表現している。

発売時期はちょうど受験シーズンにもあたる。それぞれの大学を言葉通り「食らう」気分で受験生のお夜食としてもぴったりの商品に違いない。もちろんそれぞれ純粋に味の組み合わせを楽しむため、好みに合わせて選択し、心行くまで堪能することもできよう。


■関連記事:
【ランチパックのようなショートケーキ「ケーキパック」不二家洋菓子店11店で先行発売】
【あのランチパックパンを自宅で作れる「サンドでパンだ」】
【「CoCo壱」監修・味わい再現のカレーラスク登場】
【「まるごとバナナ」も値上げします・山崎製パン12月から値上げ】
【食パン好きには聞き捨てならぬ新商品、山崎製パンもプレミアムな食パン・「ロイヤルブレッド」「ダブルソフト」のゴールド版発売へ】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー