【更新】前年比チョコチップ2割増の「カントリーマアムロール」登場

2012/10/10 06:40

カントリーマアムロール不二家は2012年10月9日、同年10月12日から全国の不二家洋菓子店や一部の不二家レストランにおいて、同社で定評のあるチョコチップクッキー「カントリーマアム」をイメージしたロールケーキ「カントリーマアムロール」をリニューアルして発売すると発表した。長さ150ミリ。価格1000円(税込)。以前発売されていた同名商品のリニューアル版で、チョコチップを2割増しにするなどの変更が行われている([発表リリース])。

↑ カントリーマアムロール
↑ カントリーマアムロール

「カントリーマアムロール」は、不二家のチョコチップクッキー「カントリーマアム」をイメージして作ったロールケーキ。特長は香ばしく焼き上げた「カントリーマアム(バニラ)」の生地を細かく砕いて混ぜ、さらに特製チョコチップをミックスした「カントリーマアムクリーム」。クッキーの風味とチョコチップの食感のアクセントを楽しめる個性的なクリームを、しっとり感のある柔らかなロールスポンジで包んでいる。また、印象深い「カントリーマアム」のパッケージデザインを模した包み紙で包んでいる点も、注目に値する。

今回発売されるリニューアル版は、昨年版と比べてクリーム内のチョコチップ量を20%増量。さらにクリームにおけるバニラの風味を増し、より「カントリーマアム」らしさを強調する仕上がりとなっている。

自社の人気商品を用いたコラボレーション商品で、しかも「-のような味わいを再現」だけでなく、対象となる商品の生地そのものを混ぜ合わせている点は、十分以上に注目に値する。チョコチップと合わせ、通常はクリームやスポンジなどふんわり感的な口当たりばかりのロールケーキに、新たな食感をもたらす「カントリーマアム(バニラ)の生地」がどのような味わいをもたらすことになるのか。そして昨年版以上の「カントリーマアム」感とはいかなるものなのか。「カントリーマアム」のファン以外も気になるのではないだろうか。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー