東北地方をポケモン列車が走る・JR東日本が「POKEMON with YOUトレイン」運行へ

2012/10/13 06:50

POKEMON with YOUトレイン【JR東日本(9020)】は2012年10月12日、観光面からの東北地方の復興支援および地域活性化の一環として、今年の冬から大船渡線で「POKEMON with YOUトレイン」を運行すると発表した。気動車をリニューアルし、親子でポケモンの世界を堪能しながら旅行が楽しめるデザインの列車編成で運行される(【発表リリース】)。

↑ 外装イメージ機
↑ 外装イメージ


↑ 内装イメージ(上:コミュニケーションシート車両、下:プレイルーム車両)
↑ 内装イメージ(上:コミュニケーションシート車両、下:プレイルーム車両)

今回運行が決まった「POKEMON with YOUトレイン」は、観光面から東北地方、特に大船渡線(岩手県内を走る地方交通線。路線形状から「ドラゴンレール大船渡線」という愛称でも有名。先の東日本大地震・震災以降、一部路線は未だに不通となっている)の復興支援と地域活性化を目的としたもの。ポケモンの被災地支援活動「POKEMON with YOU」が、この車両の運行に全面的に協力している。

車両の概要としては、東北を中心に走行している気動車キハ100系を改装し、子供達をポケモンの世界に誘うデザインとしている。外装は個性あふれるポケモン達が車両を彩り、内装も「コミュニケーションシート車両(指定席車両・定員46人、森の中をコンセプトとしている)」「プレイルーム車両(フロア形式で子供たちが遊べる)」と2車両それぞれの用途にしたがって作り上げられている。

運航開始予定日は2012年12月22日。12月22日-28日は被災地域の子供達を招待して運行、それ以降は一般利用客も利用できる(具体的なスケジュールなどは同年10月発表の、冬の臨時列車案内で公知予定)。大船渡線(一ノ関-気仙沼間)から運行を開始し、その後も東北エリアの線区を中心に運行する。臨時列車として土休日や春・夏休みなどを中心に年間160日程度の運行予定。また、駅や沿線地域でもポケモンに関連したイベントなどを開催予定。

ポケモンの力で少しでも「観光面からの東北地方の復興支援および地域活性化」という意図・目的が果たされれば幸いである。


■関連記事:
【JR四国の「アンパンマントロッコ」、被災地で運行へ】


(c)2012 Pokemon. (c)1995-2012 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemon は任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。


スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー